Mac で MT4 が使えるブローカー XM BootCamp、Parallels Desktop for Macはもういらない?

Hornet USDJPY | fx-on.com

MacでMT4を使用するための方法として鉄板だったのが、BootCampやParallels Desktop for MacにWindowsをインストールする方法です。

2つの方法にはそれぞれ長所と短所があります。

BootCampは処理速度に優れており、EAのバックテスト速度も同じCPUを搭載したWindowsマシンに遜色ありません。しかし、MacからWindowsに切り替える際に再起動を伴うので両OS間の行き来を頻繁に行う必要がある時には面倒くさいです。

一方のParallels Desktop for Macは、MacとWindowsの切り替えをシームレスに行える便利さはありますが、処理速度はBootCampよりも遅くなります。

他にも仮想化ソフトはありますが、Parallels Desktop for Macと同様の特徴を持っています。

今回紹介するのは、上記の2つの方法とは違いMacに直接MT4をインストールすることが出来る「Mac専用のMT4」です。

今まで仮想環境で問題なく使えていたので、Macに直接MT4をインストールすることなど考えたこともなかったのです。ただバックテストの速度とOSの切り替えの手間を考えるとMac用MT4をインストールするのもありなのかもしれれません。

Mac対応MetaTraderを提供しているのは「XM」というブローカーです。

Windows版のMT4と同様の機能をMacで使うことが出来るので、XMの取引条件に納得出来るのならブローカーを乗り換えるのもいいのではないでしょうか。

私が見た限りではスプレッドが他のブローカーに比べて広いので、スキャルピングEAには不向きかなという印象を受けました。スキャルピングをしないのであればマイクロロット可能、最低入金額5ドルと口座開設の敷居が低いのが魅力ですね。

ちなみにマイクロ口座でのドル円のスプレッドは最低1pips、平均で2pipsとなっています。

Mac対応MetaTrader

xm-mt4

XM Mac MT4の主な機能

  • エキスパート・アドバイザー及びカスタムインジケータに対応
  • ワンクリック取引
  • ストリーミング・ニュース
  • PDA及び適正モバイル機器での取引が可能
  • 50以上のインジケータ及びチャートツールを持つ完全なテクニカル分析
  • 大量の注文に対応
  • 異なった時間軸で、顧客仕様の様々なインジケータを作成
  • 履歴データベースの管理、及び履歴データのエクスポート/インポート
  • フルデータ・バックアップと安全性を保証
  • 内部メールシステム
  • MetaTrader4とMetaquotes Language 4のための内蔵ヘルプガイド

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク