チャートにラインを引いてみよう

Hornet USDJPY | fx-on.com

MT4 ではチャート上に豊富な種類のライン類や図形などを描画することが出来ます。

描画できるラインや図形は以下のとおりです。
・ライン
Horizontal Line(水平線)
Vertical Line(垂直線)
Trendline(トレンドライン)
Trendline by Angle(角度によるトレンドライン)
・チャネル
Linear Regression Channel
Equidistant Channel
Standard Deviation Channel
・ギャン
Gann Line
Gann Fan
Gann Grid
・フィボナッチ
Fibonacci Retracement(フィボナッチ・リトレースメント)
Fibonacci Channel(フィボナッチ・チャネル)
Fibonacci Time Zones(フィボナッチ・タイムゾーン)
Fibonacci Fan(フィボナッチ・ファン)
Fibonacci Arcs(フィボナッチ・アークス)
Fibonacci Expansion(フィボナッチ・エクスパンション)
・その他
Andrews’ Pitchfork(アンドリュー・ピッチフォーク)
Cycle Lines(サイクル・ライン)
・図形
長方形
三角形
楕 円
・矢印類

その中でも比較的よく使われている水平線、トレンドラインおよびフィボナッチ・リトレースメントなどではないかと思います。

水平線によりサポート、レジスタンスを把握し、トレンドラインによりトレンドの確認、フィボナッチリトレースメントで押しや戻りのチェックなどできるので非常に便利です。

引き方も一度覚えてしまえば簡単ですし、プロパティで色や太さなどを変更できることもできるので自分なりに見やすいチャートを作成することが可能です。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク