MT4とMT5を使いこなしてFX(外国為替証拠金取引)のトレードに活かそう~EAで自動売買

MT4を使ってFX

オートレール

MT4のトレンド系インジケーターと組み合わせて使いたい「リピート系注文システム オートレール」マネックス証券FX PLUS

投稿日:

ゴゴジャンの投資家忘年会は貴重な出会いの場

前記事にゴゴジャン主催の投資家忘年会に参加したことを書きましたが、今思い出しても普段出会うことの出来ない様々な分野の方に出会えたことは貴重な経験となりました。

ゴゴジャンさんの忘年会に参加してきました~【GogoJungle主催】投資家忘年会~東京~

その中でも数社のFX取引会社の方とお話することが出来たのは貴重な経験です。トレードをするために毎日のようにFX取引会社のプラットフォームと向き合っているわけなのですが、いわゆる中の人に出会えるチャンスなどはそうそうあるものではありません。

もしFX取引会社の方にいろいろと話しを聞いてみたいと思ったら主催しているセミナーなど積極的に参加することをオススメします。思わぬ方が参加していることもあります(笑)

MT4を採用していないFX取引会社については全く無知であることが露呈^^;

ゴゴジャンの投資家忘年会では担当の方が様々な分野の方と引き合わせてくれたのですが、その中には数社のFX取引会社の担当の方が含まれていました。

今回はゴゴジャン主催の忘年会だから当然MT4を採用している取引会社だと思うじゃないですか。

なんとゴゴジャンの担当の方が連れてきたのはマネックス証券の方でした…

カッコ内は心の声です^^;

はじめまして!マネックス証券のFX PLUSを担当しています

はじめまして!ユーロファイターです

(ヤバイ、マネックス証券さんのことほとんど知らないんだけど ^^;)

FX PLUSのオートレールという機能が云々カンヌン・・・

なるほど、なるほど

(オートレールって何?トラップリピートイフダンみたいなヤツ??)

トレイリングストップで追いかけていくんです

ほうほう

(なんのこっちゃ?)

たぶんマネックスの担当の方には「コイツ何も知らないな」ということが思い切りバレていたことでしょう(^^;

正直に知らないと言えば良かったのですが、場の雰囲気がそれを許してくれなかった(笑)

さすがに何も知らないのは恥ずかしいので家に帰ってからこっそりと調べてみることにしました。

上昇相場、下落相場、レンジ相場に対応する注文方式

オートレールとは何か?

簡単に言ってしまうと順張り型の自動注文システムです。特徴的なのはトレーリングストップを使うことで利を極限まで伸ばすことを狙っているという点です。

上昇相場の時のイメージはこんな感じになります。

またトレーリングストップ機能を使用することでレンジ相場のドローダウンの低減も期待できます。

設定自体は非常に簡単で以下の流れで設定してしまえば、あとはオートレールが自動で注文を繰り返してくれます。

もちろん買いと売りを自分で入力しなくてはいけないので、MT4のEAのように完全な自動売買システムとは使い勝手が異なります。

自分でトレンドの方向を判断する必要があるので、半自動売買システム、あるいは半裁量システムと考えていただければ間違いないと思います。

【買い注文の場合】

  1. 取引通貨ペアを選択
  2. 売買/方向(今回は買い/上方向を選択)
  3. 注文数量を入力
  4. 基準価格を設定(押し目を狙うときは現在のレートよりも下に設定)
  5. 値幅を設定(この値幅の間隔で注文を追加)
  6. 設置本数を設定(設置するトリガーの本数)
  7. トレール幅を(トレーリングストップの値幅)
  8. オートレールの有効期限を設定(親注文の有効期限)
  9. 損失制限額の設定(確定損失と含み損失の合算値が設定値に達するとオートレールがキャンセルされる)

トレンドが続いていけば設定した値幅で注文が繰り返され、トレイリングストップで利益を伸ばしていきます。

非常に優秀なシステムだと思いますが、どこで仕掛けるかということを事前によく考えてからではないと利益をあげていくことは難しいでしょう。

ポジポジ病の人にはこのシステムはあまり向いていないような気がします。このシステムが向いているのはサラリーマンやOLなどのようにトレードする時間があまり作れないような人たちでしょうね。

トレンドが発生した、あるいは発生しそうな状況を待ってオートレールを仕掛けてしまえば後は自動で売買が繰り返されます。そのような状況を冷静に待てるかどうかが大きなポイントとなります。

おそらく一つの通貨ペアだけを狙っていたのではチャンスはそれほど多くは来ないでしょう。FX PLUSは16通貨ペアに対応しているので、出来るだけ多くの通貨ペアを監視してチャンスが来た通貨ペアを積極的に狙っていくというスタンスを取るのが好手だと思います。

オートレールはトレンド系インジケーターと組み合わせよう

トレンド系の自動注文システムであるオートレールと相性が良いのはやはりトレンド系のインジケーターです。

MT4標準のインジケーターでオススメなのが、移動平均線、一目均衡表、CCI、ADXなどです。MT5にまで目を向けるとADX Wilderも捨てがたいと思います。

これらのインジケーターを使いながらトレンドを判断し、戦略をイメージしてからオートレールの設定を行うことが必要になります。

ゴゴジャンには無料のトレンドインジケーターも存在しているのでお金をかけたくない場合はこのようなフリーインジケーターを利用するのも悪くない選択です。

バイナリーオプションやFXで使えるトレンドフィルター~MT4_Volatility_Color
バイナリーオプションやFXで使えるトレンドフィルター~MT4_Volatility_Color

バイナリーオプションやFXで使えるトレンドフィルター~MT4_Volatility_Color?|?fx-on.com

他にも様々なフリーインジケーターが存在していますので、これらを利用して自分自身のトレンド判定の手法を確立することが重要だと思います。

  • この記事を書いた人

ユーロファイター

はじめまして、本サイトの管理人のユーロファイターです。裁量トレードで口座を吹き飛ばしたのをきっかけにシステムトレードの勉強をはじめました(笑) 当初はVTトレーダーでシグナルツールを使ってトレードをしていましたが、MT4の普及に伴いEAによる自動売買に移行しました。 よろしくお願いします(^_^)/

-オートレール
-,

Copyright© MT4を使ってFX , 2019 All Rights Reserved.