トレンドラインを自動で引く究極のブレイクアウトEA「AutoTrendLineTrader」

EAを自作している人の中にはけっこう感じている人は多いかもしれません。

ブレイクアウトこそ究極の手法であると…

いやさすがにそこまで言うほどのものではありませんが、ブレイクアウトEAって作ってみると意外と悪くないんですよね。アジア時間に作られたボックスのブレイクアウトを狙う戦略やハイローレンジをブレイクアウトしたEAなどは決済さえ工夫すればかなり機能してくれます。

裁量トレードをするときにはトレンドラインのブレイクアウトも有効な手法になります。トレンドラインはリトレイスメントを狙うことが多いと思いますが、大きな利益を狙いた時はやはりブレイクアウト狙いでしょう!

これからFXを始めようとする人には聖杯を求めてインジケーターを探し回るよりは、まず最初にトレンドラインを使いこなせるようになった方がいいかもしれません。

トレンドラインのブレイクアウトを狙うためにはトレンドラインを引く必要があるのですが、実は自動で引いてくれるツールも存在しています。

ギャンの45度線を意識したトレンドラインを自動で引くインジケーター

このインジケーターを使えばブレイクアウト狙い、リトレイスメント狙いどちらでもいけるわけですが、世の中にはさらに便利なツールが存在しています。

【自分のトレンドラインで】LINE TRADER【自動売買】

このEAは自分で引いたトレンドラインを利用して売買することが出来るのでチャート上に張り付いている必要はありません。トレンドラインさえ引いてしまえばあとはEAがエントリーとクローズを自動で行ってくれます。

これは楽ちんです(^^)v

Line Traderは非常に便利でお勧めなのですが上には上がいるのです…

AutoTrendLineTrader

このEAは自動でトレンドラインを引いた上にエントリー、クローズも自動で行ってくれます。

さきほどの2つのツールのいいところを取ったわけえ、トレンドラインで楽にトレードしたい人にとっては究極のEAかもしれません。

AutoTrendLineTrader
「自動」で【トレンドライン】を『描写』して、ブレイクアウトで順張り。
「自動」で【トレンドライン】を『描写』して、ブレイクアウトで順張り。?|?fx-on.com

このように機能的には非常に魅力的なAutoTrendLineTraderですが、いくら機能が良くても勝てないのではお話になりません。

というわけでバックテストをチラ見してみました。

検証期間は2017年05月1日から2018年5月12日までの約1年間です。最近のEAとしてはバックテスト期間が1年というのはちょっと物足りません。しかも4時間足なのでトレード数が少なすぎて判断するのが難しいですね(^^;)

とは言うもののバックテスト時の収益曲線は好みのカーブでおそらく素性は悪くないのではないかと思っています。

決済はテイクプロフィットの他に、テクニカルクローズとトレイリングストップで行うので設定次第では大きな利益を狙っていけそうですね。

続いてフォワードテスト結果です。

実はまだトレード数が2回しかないので判断する材料としては弱いのですが、ブレイクアウトEAらしく、含み益先行のトレードになっています。

私の中ではほぼ理想的なEAなのですが、残念なことにバックテスト期間、フォワードテスト期間とも短くて優位性を判断できるまでには至りません。

しかし、トレンドラインのブレイクアウトを狙うというEAはコンセプト的に支持できるので今後もフォワードテストをチェックしていきたいと思います。

現時点での仕様ではブレイクアウトのエントリーのみのようですが、トレンドラインにタッチしたら逆張りでエントリーする機能があれば面白いのではないかと思います。

Lowerラインタッチで買いエントリー、Upperラインタッチで決済などというロジックが通用するのかどうか検証してみたい気もしますね(^^)