新規でチャートを開くときのデザインをカスタマイズ

MetaTrader4を使い始めたばかりの時に意外と気づかない機能を集めた小技集です。小技集とはいうものの MetaTrader4を使いこなしている人にとっては常識的なことばかりです。MetaTrader4初心者の方にお役に立てば嬉しいです^^

新規でチャートを開くときのデザインをカスタマイズ

今回は、新規チャートを開くときのデザインをカスタマイズする方法です。インジケーターを駆使してテクニカル分析を行う場合にはチャートを新規で開くことが多くなります。そんな時にこの小技を知っていると非常に効率的なチャート分析を行うことが出来ます。

メタトレーダー4で新規のチャートを開くと下のようなデザインで開かれてしまうと思います。

 

テンプレートのカスタマイズ

テンプレートのカスタマイズ

 

 

なんとも味気ないチャートですね(笑)

私の場合はグリッド線は使わないので必要ありません。またバーチャートの感覚が狭すぎて相場の動きの状況が掴みづらいし、バーチャートよりもローソク足の方が好きなのでチャートを開くたびに設定変更する必要があります。

とりあえず下のようなチャートにして使っているのですが、1枚ならまだしも何枚もチャートを開くときには流石に面倒くさくなってきます。

デフォルトのチャート設定

デフォルトのチャート設定

テンプレートとして保存すれば自分の好みのチャートで開ける

実は普段使うチャートをテンプレートに保存することで、新規にチャートを開いた場合でも保存したチャートで開くことができるのです。ここでポイントになるのはファイル名を「dfault」という名前で保存することで す。(PCの設定で拡張子が必要な場合は「default.tpl」という名前になると思います)

 

default.tpl

default.tpl

 

自分が普段使う状態にカスタマイズしてからdefault.tplと言うファイル名で保存して見ましょう。

保存後に新規でチャートを開いて反映されているかを確認してみることにします。ここでは例としてUSDCHFのチャートを開いてみることにします。

 

 

ドルスイスのチャートを開く

ドルスイスのチャートを開く

す、すると・・・私好みのチャートが一発で出てきます^^

こいつはすごいぜ・・・

 

カスタマイズされたチャート

カスタマイズされたチャート

 

テンプレート機能のちょっと変わった使い方の紹介であまり役には立たないと思いますが、頻繁に新規チャートを開く方はぜひ試してみてください。

 

コメント