チャートの削除

チャートの削除

チャートの削除

チャートの中には、いずれかの作業段階で役に立たなくなり、削除する必要があるものもあります。ファイルを削除するには、「ファイル⇒閉じる」メニューコマンドを実行するかCtrl+4ホットキーを押します。このとき、クライアントターミナル設定ウィンドウで「再表示用に削除済チャートを保存」が有効になっていれば、削除されたウィンドウの定型チャートが保存されます。保存された定型チャートは再使用することができます。したがって、チャートがたまたま削除されても、再び復元することができます。それには「ファイル⇒チャートの再表示」メニューコマンドを実行し、一覧から通貨ペアを選択します。すると、選択した通貨ペアのチャートウィンドウは、設定とそれに取り込まれているオブジェクトもすべてそのまま復元されます。

Related Articles

チャート操作

チャート操作 チャートは市場での価格変動を分析するために使用され、また、色々なテクニカル分析、オブジェクトの構築にも利用できます。チャートは金融市場の分析に非常に有用な手段であるため、大きな関心がチャートに持たれています…

チャートの設定

チャートの設定 ターミナルでの各チャートの画面表示及びプロパティは個別に設定可能です。それには、「チャート⇒プロパティ」メニューコマンド、またはチャートのコンテキストメニューから「プロパティ」コマンドを実行するか、F8キ…

チャートの印刷

チャートの印刷 クライアントターミナルでチャートを印刷するには、いくつかの方法があります。チャートはカラーでも白黒でも印刷できます。カラーで印刷するには、クライアントターミナル設定ウィンドウの「カラー印刷」オプションを有…

チャートを開く

チャートを開く チャートは、証券の価格変動を時間とともに表示します。チャートはテクニカル分析、エキスパートアドバイザの実行及びそのテストに必要です。ターミナルでは同時に99個までのチャートを開くことができます。 新規チャ…

Responses

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)