MT4とMT5を使いこなしてFX(外国為替証拠金取引)のトレードに活かそう~EAで自動売買

MT4を使ってFX

クライアントターミナルの設定

Eメール

更新日:

Eメールタブ

このタブではMT4のEメールボックスに関する設定を行ないます。後にこれらの設定はエキスパートアドバイザのコマンドやアラームでメッセージを送信するときに使用されます。Eメールの設定を開始するには、「有効にする」ボックスをクリックして、以下の欄を入力します。

◾SMTPサーバ : 使用するSMTPサーバのアドレスとポート番号です。このサーバはメッセージ送信用に使用されます。形式は以下の通りです。即ち、「[サーバのインターネットアドレス] : [ポート番号]」です 。例えば、「192.168.0.1:443」では「192.168.0.1」がサーバIPアドレスで、「443」がポート番号です。
◾SMTP ログイン : メールサーバ認証用ログインです。
◾SMTP パスワード : 認証用パスワードです。
◾差出人 : 差出人のメールアドレスです。
◾宛先 : 送信先のメールアドレスです。
注意 : 「差出人」「宛先」のどちらの欄にも一つのEメールアドレスしか入力できません。区切り記号を入れても複数のEメールアドレスは設定できません。

入力された設定の動作をテストするために「テスト」ボタンでテストメールを送信します。テストが成功した場合、「OK」ボタンをクリックし、設定を適用します。テストが失敗した場合は、全ての設定を確認し、テストメールを再送信してください。

EAの状況を離れた場所で知るためには便利な機能

MT4のEメール機能はMT4のトレード状況を離れた場所にいる時に知ることが出来るのでぜひ設定しておきましょう。もちろんEAがEメールに対応している必要がありますが、最近は対応しているEAも増えてきているので自分が使っているEAの説明書やパラメーターをチェックしてみましょう。

  • この記事を書いた人

ユーロファイター

はじめまして、本サイトの管理人のユーロファイターです。裁量トレードで口座を吹き飛ばしたのをきっかけにシステムトレードの勉強をはじめました(笑) 当初はVTトレーダーでシグナルツールを使ってトレードをしていましたが、MT4の普及に伴いEAによる自動売買に移行しました。 よろしくお願いします(^_^)/

-クライアントターミナルの設定
-,

Copyright© MT4を使ってFX , 2019 All Rights Reserved.