RSIの逆張りで両建てをするEA

FXを始めた時に両建てをしてはいけないと言われたことがありました。これは為替相場が逆行した時に損切りをせずに一時しのぎ的に両建てをすることは良くないよという意味だったのではないかと思います。初心者が一時しのぎ的に両建てをした場合には、どこで両建てを解消するかという判断に悩まされ続けることになるので、今思えば的確なアドバイスだったと思います。

ベテランのトレーダーなら両建てのうまい戦略を持っているかもしれませんが、初心者にはそれを望むのはまず無理なのでおとなしく忠告を聞いておいた方がいいかもしれませんね。

しかし、すべての両建てが悪いというわけではありません。

例えばAとBの二つの戦略を持っている場合、Aの買いポジションを保有中にBの売りサインが出た場合はどうでしょうか。

両建てになってしまうからといってBの売りサインをスキップしてしまったとしたら、みすみすトレードチャンスを逃してしまったことになります。こんな時はAとBは違う戦略であるということを重視して、たとえ両建てになるとしてもBの売りポジションを持つという人が多いのではないかと思います。

一時的に両建てにはなってしまうのですが、損切りが出来ずに両建てをしている場合とは状況が明らかに異なるのです。戦略Aには損切りも利確も設定されているはずなので、両建てをいつ外すのかということに悩む必要は全くないのです。

極端な話をするとAをロング専用のトレード戦略、Bをショート専用のトレード戦略とし、積極的に両建てをしていくというストラテジーもありなのかもしれません。

というわけで、売り買い1ポジションずつの両建てが出来るRSI逆張りロジックのEAを作ってみました。買いと売りでパラメーターを分けているので、買い専用ロジック・売り専用ロジックっぽい両建てが可能になっています。もっとも基本的なロジックは同一でパラメーターを変えてるだけなのでたいした効果は期待できませんが(笑)

外為ファイネストのMT4を使ってバックテストしてみました。

RSIを使ったシンプルな逆張りロジックです。ドル円の日足でバックテストしていますが、おそらくクロス通貨でテストした方がいい結果が出るかもしれませんね。

「Download」をクリックするとEAファイルをダウンロードすることが出来ます。

シェアする

フォローする