移動平均線をベースにしたトレンドフィルターにボラティリティを加味したフリーインジケーター~MT4_Volatility_Color

FXで勝つためには値幅を取らなくてはいけないので、トレンドの方向を知ることはとても重要です。トレンドさえ的確に把握しさえすれば勝つことはそう難しいことではありません←嘘ですw

トレンドの方向を把握したからと言ってそう簡単に勝つことができないというのがFXの難しいところなのですが、トレンドの方向をまったく知らないよりかは知っていたほうがいいに決まっています。

そんなわけで今回は非常にシンプルなトレンドフィルターを作成してみました。

トレンドの方向を知るために使用するインジケーターは、誰もがその実力を認めている移動平均線です。ベテラントレーダーの中には移動平均線だけでトレードしている人もいるくらい相場の状況を判断するのには欠かせないインジケーターなので、今回も活躍していただくことにしました。

移動平均線でトレンドを判断し、サブウィンドウにヒストグラム表示します。

トレンドの状況によってヒストグラムの色は以下のように変化します。

青→上昇トレンド、ボラティリティ増加中

緑→上昇トレンド、ボラティリティ減少中

赤→下降トレンド、ボラティリティ増加中

オレンジ→下降トレンド、ボラティリティ減少中

プロパティでトレンドを判定する期間と表示するバーの本数を変更できます。

Trend_Period → トレンド判定する期間
Max_Bar → 表示するバーの本数

寒色系の色だったら上昇トレンド、暖色系の色だったら下降トレンドとシンプルに見ていただけたらいいのではないかと思います。

Trend_Periodの数値を変更することで短期トレンド、中期トレンド、長期トレンドに対応することができます。デフォルト設定にこだわらずに調整することで自分のトレードスタイルに最適な数値を見つけ出すことが出来るかもしれません。

いちおうトレンドフィルターなので単体でトレードするのには無理がありますが、他のシグナル系のインジケーターと組み合わせることでFX、バイナリーオプション、ビットコインなどの仮想通貨でのトレードに役立つのではないかと思います。

このインジケーターは以下のリンク先で無料でダウンロードできます。

バイナリーオプションやFXで使えるトレンドフィルター~MT4_Volatility_Color