ボリンジャーバンド、RSI、CCI、ADXを組み合わせてシグナル表示!バイナリーオプション逆張り用シグナルツール!「逆張り名人」とRSI逆張りフリーインジケーター

バイナリーオプションは勝率50%では儲からない

バイナリーオプションとは現在のレートが判定時間までの間に上に行くのか下に行くのかを当てる金融商品です。ハイローオーストラリアに代表されるハイロータイプのバイナリーオプションはほとんど丁半博打なのでほぼ50%の確率で当てることが出来ます。そのため初心者にもチャンスが有りいまだに人気があるようです。

しかし実際にはペイアウト率があるので勝率50%を達成しただけでは儲けることが出来ないという罠があります(^^;

このペイアウト率の部分はバイナリー業者の儲けの部分でもありますので、生ぬるい目で見守ってあげてください(笑)

ではペイアウト率によって損益分岐点(利益を出すために必要となる勝率)はどのように変化していくのでしょうか?

ペイアウト率100%(2.00)→50%

ペイアウト率90%(1.90)→52.63%

ペイアウト率80%(1.80)→55.56%

ペイアウト率70%(1.70)→58.82%

ペイアウト率を100%に設定している太っ腹な業者にはまだお目にかかったことがないのでペイアウト率90%の時に必要な勝率を見てみましょう。

52.63%

これならなんとかなるのではないでしょうか?

スキャルピングEAなんか勝率90%近いものがゴロゴロしていますし・・・

そう思っていた時代が私にもありました(T_T)

テイクプロフィットで利確したり、テクニカル要件でクローズすることが出来るFXではこの程度の勝率は簡単に実現可能なのですが、バイナリーオプションではそんなに簡単にはいかないようです。

検証用のEAを作ってFXで高勝率を叩き出すロジックをいくつか試してみましたが、52.63%を超えるのは結構苦労します。ましてや55.56%超えのロジックを作ろうとしたらそんなに簡単にはいかないかもしれません。

バイナリーオプションの難しさは、時間で勝負が決まってしまうからなのではないかと思います。テイクプロフィットやテクニカルクローズを使えばプラスになった時に決済する事ができますが、判定時間になったら強制的にクローズされるバイナリーオプションではプラスだろうがマイナスだろうが関係ありません。

逆張り系インジケーターで相場のリズムを掴もう

いかに判定時間で予想通りの方向に価格がいるのか、相場のリズムを上手く掴んだトレーダーしか生き残ることは難しいと言ってもいいでしょう。

相場のリズムを掴むためにはオシレーター系のインジケーターがオススメです。オシレーターは一定のリズムで波を作ることが多いので、売られすぎ、買われ過ぎを利用してうまく波に乗ることが勝利への近道になりそうですね。

逆張り系のインジケーターは数多くありますが、バイナリーオプション用で使えそうなインジケーターを探してみるとさほど多くはないようです。

逆張り名人は複数の逆張り系インジケーターを組み合わせてシグナル表示

そんな中で気になったインジケーターと言えば「逆張り名人」でしょうか。

読んで字の如し、逆張りに特化したシグナルインジケーターです。

逆張り名人ではボリンジャーバンド、RSI、CCI、ADXのインジケーターを組み合わせて使用することが出来ます。各インジケーターにはオン・オフ可能なスイッチが付いているので好きな組み合わせでの売買サインを表示させることが可能です。

インジケーターで調節可能なパラメータは以下のようになっています。

  • 出来高の上限値
  • マーチンゲール法の回数
  • ボリンジャーバンドのゾーン
  • RSIの買いすぎ、売られすぎゾーン
  • CCIの買いすぎ、売られすぎゾーン
  • ADXの上限値

組み合わせと設定次第では逆張りインジケーターとしてはかなり強力なものが出来そうですね。

このようにチャート上に矢印が表示されるので、トレード手法の研究にも役立ちます。おそらく逆張りだけでは勝率を上げることが難しいと思うので、エントリー時間を制限した上で検証した方がいいかもしれません。

逆張り名人ver.2ではタイムフィルターが実装された模様です。

もしくはトレンドフィルターを併用してトレンドの方向にのみ逆張りするなどのルールを追加するのも効果的かも。

逆張り名人はシンプルなインジケーターですが、アイデア次第では強力な武器になることは間違いありません。バイナリーオプション経験者は自分なりの手法を持っているのでこのようなツールは必要ないと思いますが、バイナリーオプション初心者にとっては良き水先案内人となてくれることでしょう。

逆張りシグナルインジケーターがどのようなものか初心者の人でもイメージできるようにRSIバージョンを作成してみました。

逆張り名人の場合はRSIだけではなくボリンジャーバンド、CCI、ADXを組合せてシグナルを表示するという点が凄いですね。

RSI逆張りインジケーター(フリー)は以下のリンクからダウンロードできます。