プログラミングの知識がなくてもロジックが作れるEA MY-LOGIC「マイロジック」

自分の売買手法を使って自動売買できる

MY-LOGIC」は自分のEA内に搭載されている複数のロジックを組み合わせてロジックを作成することの出来るMT4用のEAです。

MT4に標準搭載されているテクニカル手法をEA内のパラメーターで選択することにより簡単にロジックを組み立てていくことが可能です。

スポンサーリンク

「マイロジック」はEAなので組み立てたロジックを使って自動売買することも可能です。ロジックの組み立てから自動売買までを一つのEAで行うことが出来るのが「マイロジック」の最大の魅力なのです。

とはいうものの万能なツールかというとそういうわけでもありません(^^;)

「マイロジック」に最初から用意されているロジック以外は使用することが出来ません。複雑なロジックを組み立てる場合には「EAつくーる」などのEA作成ツールのお世話になった方がいいでしょう。

マイロジックに搭載されているロジック

現時点で「マイロジック」に搭載されているロジックは以下のとおりです。

■トリガーロジック
エントリーの引き金となるロジックで主に2本のラインのクロスを使用しています。
使用するトリガーロジックをtrueに変更してパラメーターを設定してください。
ロングエントリーのパラメーターのみが表示されています。
ショートエントリーのパラメーターはロングエントリーの逆の数値が採用されています。
(注)トリガーロジックは一つだけ選択してください。

★移動平均線クロス (false)
├短期移動平均線(20)
└長期移動平均線(50)
一般的な移動平均線クロスです。
ロング:短期移動平均線が長期移動平均線を下から上に抜ける
ショート:短期移動平均線が長期移動平均線を上から下に抜ける

★ADX(+DIと-DIのクロス)(false)
└ADXの期間(14)
ADXの+DIと-DIのクロスを使用します。
ロング:+DIが-DIを下から上に抜ける
ショート:+DIが-DIを上から下に抜ける

★ATRブレイクアウト (false)
├ATRの期間(14)
└ブレイクレベル(100)
条件:ATR(Average True Range)が設定した数値を下から上に抜ける。
ATR単独ではトレンドの方向が判定できないので、トレンドのわかるフィルターと
組み合わせてください。
ATRの数値はpips換算してあります。

★ボリンジャーバンド・アッパーバンドタッチ(false)
├ボリンジャーバンドの期間(20)
└偏差(2)
ボリンジャーバンドのバンドにタッチしたらエントリーします。
ロング:ロウソク足の終値が+2σ(変更可)のラインを下から上に抜ける
ショート:ロウソク足の終値が-2σ(変更可)のラインを上から下に抜ける

★ボリンジャーバンド・ロウアーバンドタッチ(false)
├ボリンジャーバンドの期間 (20)
└偏差(2)→
ボリンジャーバンドのバンドにタッチしたらエントリーします。
ロング:ロウソク足の終値が-2σ(変更可)のラインを上から下に抜ける
ショート:ロウソク足の終値が+2σ(変更可)のラインを下から上に抜ける

★CCIブレイクアウト(false)
├CCIの期間(14)
└ブレイクレベル(50)
ロング:CCIがブレイクレベルを下から上に抜ける
ショート:CCIが-ブレイクレベルを上から下に抜ける

★エンベロープ・アッパーバンドタッチ(false)
├エンベロープの期間(14)
└偏差(0.10)
エンベロープのバンドにタッチしたらエントリーします。
ロング:ロウソク足の終値がアッパーバンドのラインを下から上に抜ける
ショート:ロウソク足の終値がロウワーバンドのラインを上から上に抜ける

★エンベロープ・ロウアーバンドタッチ(false)
├エンベロープの期間(14)
└偏差(0.10)
エンベロープのバンドにタッチしたらエントリーします。
ロング:ロウソク足の終値がロウワーバンドのラインを上から下に抜ける
ショート:ロウソク足の終値がアッパーバンドのラインを下から上に抜ける

★MACDブレイクアウト(false)
├短期EMAの期間(12)
├長期EMMAの期間(26)
├シグナルの期間(9)
└ブレイクアウトレベル(0)
ロング:MACDラインがブレイクアウトレベルを下から上に抜ける
ショート:MACDラインが-ブレイクアウトレベルを上から下に抜ける

★MACDクロス(false)
├短期EMAの期間(12)
├長期EMMAの期間(26)
└シグナルの期間(9)
ロング:MACDラインがシグナルラインを下から上に抜ける
ショート:MACDラインがシグナルラインを上から下に抜ける

★RSIカウンター(false)
├RSIの期間(7)
└カウンターレベル(30)
ロング:RSIがカウンターレベルを上から下に抜ける
ショート:RSIが100-カウンターレベルを下から上に抜ける

★ストキャスティクスカウンター(false)
├%Kの期間(5)
├%Dの期間(3)├スローイング(3))
└カウンターレベル(30)
ロング:ストキャスティクスがカンターレベルを上から下に抜ける
ショート:ストキャスティクスが100-カンターレベルを下から上に抜ける

★ストキャスティクスシグナルラインクロス(false)
├%Kの期間(5)
├%Dの期間(3)
└スローイング(3)
ロング:ストキャスティクスがシグナルを下から上に抜ける
ショート:ストキャスティクスがシグナルを上から下に抜ける

★ウィリアム%Rカウンター(false)
├ウィリアム%Rの期間(14)
└カウンターレベル(-80)
ロング:ウィリアム%Rがカウンターレベルを上から下に抜ける
ショート:ウィリアム%Rが-100-カウンターレベルを下から上に抜ける

★RVIクロス(false)
└RVIの期間(10)
ロング:RVIがシグナルを下から上に抜ける
ショート:RVIがシグナルを上から下に抜ける

★指定時間にエントリー(false)
├時(00)
└分(00)
設定した時間になったらエントリーします。
フィルターロジックとセットでお使いください。

■フィルターロジック
エントリーの精度向上を目的としたロジックで相場の状況を判断するために使用します。
trueにすると有効になります。
各ロジックの時間足を変更したい場合はプルダウンメニューから選択してください。

★移動平均線の傾き1(false)
├時間足(現在の時間)
└移動平均線の期間(20)上昇トレンド:
移動平均線の傾きが上
下降トレンド:移動平均線の傾きが下

★移動平均線の傾き2(false)
├時間足(現在の時間)
└移動平均線の期間(30)
上昇トレンド:移動平均線の傾きが上
下降トレンド:移動平均線の傾きが下

★移動平均線の傾き3(false)
├時間足(現在の時間)
└移動平均線の期間(50)
上昇トレンド:移動平均線の傾きが上
下降トレンド:移動平均線の傾きが下

★移動平均線とロウソク足の位置(false)
├時間足
└移動平均線の期間(20)
上昇トレンド:ロウソク足が移動平均線の上
下降トレンド:ロウソク足が移動平均線の下

★2本の移動平均線の位置関係(False)
├時間足
├短期移動平均線の期間(20)
└長期移動平均線の期間(50)
上昇トレンド:短期移動平均線が長期移動平均線の上にある
下降トレンド:短期移動平均線が長期移動平均線の下にある

★平均足(false)
└時間足
上昇トレンド:平均足が陽線
下降トレンド平均足が陰線

★ADXのレベル(false)
├時間足
├ADXの期間(14)
└ADXのレベル(16)
トレンド発生:ADXがADXのレベルより大きい

★ADXの傾き(false)
├時間足└ADXの期間(14)
トレンド継続中:ADXの傾きが上

★ADX(+DIと-DIの位置関係)(false)
├時間足
└ADXの期間(14)
上昇トレンド:+DIが-Diより上にある
下降トレンド:-DIが+DIより上にある

★ATRの傾き(false)
├時間足
└ATRの期間(14)
ボラティリティ上昇中:ATRの傾きが上

★ATRのレベル(false)
├時間足
├ATRの期間(14)
├ATRのレベル(最小)(10)
└ATRのレベル(最大)(200)
ATRが最小と最大の範囲にある時にトレード可能

★CCIの傾き(false)
├時間足
└CCIの期間(14)
上昇トレンド:CCIの傾きが上
下降トレンド:CCIの傾きが下

★CCIのレベル(false)
├時間足
├CCIの期間(14)
├CCIの最小値(0)
└CCIの最大値(250)
上昇トレンド:CCIが最小値よりも大きく最大値よりも小さい
下降トレンド:CCIが-最小値よりも小さく-最大値よりも大きいさい

★MACDのレベル(false)
├時間足
├短期EMAの期間(12)
├長期EMAの期間(26)
├シグナルの期間(9)
└MACDのレベル(0)
上昇トレンド:MACDがMACDのレベルより大きい
下降トレンド:MACDが-MACDのレベルより小さい

★ゴトー日(5,10,15,20,25,30日はトレード可)
トリガーロジックと組み合わせることでゴトー日でのトレードを可能にします。

■クローズロジック
★移動平均線クロス( false)
├短期移動平均線の期間(10)
└長期移動平均線の期間(50)
ロングポジションクローズ:短期移動平均線が長期移動平均線を上から下に抜ける
ショートポジションクローズ:短期移動平均線が長期移動平均線を下から上に抜ける

★ADX(+DIと-DIのクロス)(false)
└ADXの期間(14)
ロングポジションクローズ:+DIが-DIを上から下に抜ける
ショートポジションクローズ:+DIが-DIを下から上に抜ける

★ボリンジャーバンド・アッパーバンドタッチ(false)
├ボリンジャーバンドの期間(20)
└偏差(2)
ロングポジションクローズ:ロウソク足の終値が+2σ(変更可)のラインを下から上に抜けるショートポジションクローズ:ロウソク足の終値が-2σ(変更可)のラインを上から下に抜け

★ボリンジャーバンド・ロウアーバンドタッチ(false)
├ボリンジャーバンドの期間(20)
└偏差(2)
ロングポジションクローズ:ロウソク足の終値が-2σ(変更可)のラインを上から下に抜ける
ショートポジションクローズ:ロウソク足の終値が+2σ(変更可)のラインを下から上に抜け

★CCIレベルクロス(false)
├CCIピリオド(14)
└CCIのレベル(300)
ロングポジションクローズ:CCIがCCIのレベルを上から下に抜ける
ショートポジションクローズ:CCIが-CCIのレベルを下から上に抜ける

★エンベロープ・アッパーバンドタッチ(false)
├エンベロープの期間(14)
└偏差(0.10)
ロングポジションクローズ:ロウソク足の終値がアッパーバンドのラインを下から上に抜け

ショートポジションクローズ:ロウソク足の終値がロウワーバンドのラインを上から下に抜
ける

★エンベロープ・ロウアーバンドタッチ(false)
├エンベロープの期間(14)
└偏差(0.10)
ロングポジションクローズ:ロウソク足の終値がロウワーバンドのラインを上から下に抜け

ショートポジションクローズ:ロウソク足の終値がアッパーバンドのラインを下から上に抜
ける

★MACDレベルクロス(false)
├短期EMAの期間(12)
├長期EMAの期間(26)
├シグナル(9)
└レベル(1)
ロングポジションクローズ:MACDラインがレベルを上から下に抜ける
ショートポジションクローズ:MACDラインが-レベルを下から上に抜ける

★MACDシグナルラインクロス( false)
├短期EMAの期間(12)
├長期EMAの期間(26)
└シグナル(9)
ロングポジションクローズ:MACDラインがシグナルラインを上から下に抜ける
ショートポジションクローズ:MACDラインがシグナルラインを下から上に抜ける

★RSIレベルクロス(false)
├RSIの期間(14)
└レベル(70)
ロングポジションクローズ:RSIがレベルを下から上に抜ける
ショートポジションクローズ:RSIが100-レベルを上から下に抜ける

★ストキャスティクス・カウンター( false)
├%Kの期間(5)
├%Dの期間(3)
├スローイング(3)
└カウンターレベル(70)
ロングポジションクローズ:ストキャスティクスがカンターレベルを下から上に抜ける
ショートポジションクローズ:ストキャスティクスが100-カンターレベルを上から下に抜ける

★ストキャスティクスシグナルラインクロス(false)
├%Kの期間(5)
├%Dの期間(3)
└スローイング(3)
ロングポジションクローズ:ストキャスティクスがシグナルを上から下に抜ける
ショートポジションクローズ:ストキャスティクスがシグナルを下から上に抜ける

★ウィリアム%Rカウンター(false)
├ ウィリアム%Rの期間(14)
└カウンターレベル(-20)
ロングポジションクローズ:ウィリアム%Rがカウンターレベルを下から上に抜ける
ショートポジションクローズ:ウィリアム%Rが-100-カウンターレベルを上から下に抜ける

★RVI・クロス(false)
└RVIの期間(10)
ロングポジションクローズ:RVIがシグナルを上から下に抜ける
ショートポジションクローズ:RVIがシグナルを下から上に抜ける

★クローズする時間(false)
├時(00)
└分(00)
設定した時間になったらクローズします。

■時間・曜日の制限
★時間の制限
├エントリー可能(時から)(00)
├エントリー可能(分から)(00)
├エントリー可能(時まで)(23)
└エントリー可能(分まで)(59)
エントリー可能な時間帯を設定できます。
デフォルト設定は0:00から23:59なのですべての時間帯でエントリー可能な状態です。

★曜日の制限
├月曜日にトレードする(true)
├火曜日にトレードする(true)
├水曜日にトレードする(true)
├木曜日にトレードする(true)
└金曜日にトレードする(true)
トレードしたくない曜日をfalseに変更

★タイムクローズを使用する(false)
└最大ポジション保有時間(24)
trueにすると最大ポジション保有時間(Hour)の設定が出来ます。
土日をまたぐ場合は月曜日にクローズします

使い方はとても簡単

「マイロジック」の使い方はとても簡単です。

例えば移動平均線クロスを使いたい場合は、トリガーロジック内にある「移動平均線クロス」をtrueに変更するだけでOKです。

このロジックを選択した場合は移動平均線のゴールデンクロスで買いエントリー、移動平均線のデッドクロスで売りエントリーをすることになります。

短期移動平均線、長期移動平均線のパラメーターはお好みで変更可能です。

またストップロス、テイクプロフィットは固定と可変の2種類を用意してあります。

テクニカルクローズを使用したい場合は「クローズロジック」の中からお選びください。移動平均線クロスでエントリーしたのでクローズロジックも移動平均線クロスが相性がいいと思います。

トリガーロジック、クローズロジックは一つだけ選択してください。複数選択も可能ですが、条件が厳しくなりすぎてトレード回数が激減し実用的ではありません。

フィルターロジックは複数選択可能です。フィルターの数が増えれば増えるほどエントリー条件が厳しくなるので限度はありますが、バックテストをしながら調整していくことで新しい発見があるかもしれません。

アノマリーEAも作れないことはないw

指定時間にエントリーしたり、指定時間にクローズする機能が搭載されているので、簡単なアノマリーEAを作ることが出来ます。

ゴトー日フィルターも搭載しているのでタイムフィルターとテクニカルを組み合わせることで機能するアノマリーロジックを見つけることが出来るかもしれません。

市販のアノマリーEAのトレード時間を参考にテクニカル分析を組み合わせていくと面白いのではないかと思います。

今後の機能追加について

何か新しいアイデアを思いついたら機能を追加し、アップデートするかもしれません。問題は新しいアイデアを思いつくかどうかなのですが(笑)

一人の脳みそだと限界があるのでコメント欄にいいアイデアがあったら書き込んでおいていただけるとありがたいですね。難しいことは無理ですが簡単なことなら形にできるかもしれません。

twitterでつぶやくときにはぜひ以下のハッシュタグを付けて呟いてください。ツイートを見つけやすくなるので。

#マイロジック

コメント

タイトルとURLをコピーしました