MT4とMT5を使いこなしてFX(外国為替証拠金取引)のトレードに活かそう~EAで自動売買

MT4を使ってFX

MT5

ADX Wilder(ADXW)でトレンドを判断するMT5用インジケーターを作ってみた

更新日:

騙しの少ないトレンド系インジケーターADX Wilder(ADXW)

MT5(メタトレーダー5)でEAを作るときにお世話になっているADX Wilder(ADXW)を使ってトレンドを判断するためのインジケーターを作成してみました。

MT5のADXワイルダーはMT4(メタトレーダー4)に標準で用意されているADXに比べ+DIと-DIがクロスする頻度が少ないので騙しに強いという点が気に入っています。ADXWを知った後だとMT4標準のADXの+DIと-DIがしょっちゅう絡み合っているのでトレンドの向きがわかりにくく感じてしまいます。

ADXWをトレンドフィルターとしてEAを作成すると結構いい感じのトレードをしてくれるので、このインジケーターを元にしてトレンドフィルターを作れば勝利が一歩近づいてくるような気がしています。

ADX Wilderを使ってトレンドを判定するインジケーター

ADXWには3本のラインがありますが、そのうちの2本のいち関係でトレンドの方向を知ることが出来ます。その2本とは+DIと-DIのラインのことですね。

そして残りのもう一本がADX Wilderがこのラインでトレンドの強さを知ることが出来ます。

+DIが-DIよりも上にある時が上昇トレンド、逆に-DIが+DIよりも上にある時が下降トレンドになります。またADX Wilderラインについては上に向かっているときにトレンドが発生しており、数値が大きいほどトレンドが強いと判断できます。

以上のことからトレンドを判定するためのインジケーターの設定は次のとおりになります。

上昇トレンド
+DI > -DI
ADX Wilder が上昇

下降トレンド
+DI < -DI
ADX Wilderが上昇

レンジ相場
ADX Wilderが下降

上記の条件の時に上昇トレンドの時は青いヒストグラム、下降トレンドの時は赤いヒストグラムが表示されます。そしてトレンドが発生していないレンジ相場の時はグレーのヒストグラムが表示されることになります。

ドル円日足チャートに表示してみましたが何となくトレンドを捉えているような気もしなくはありませんがどうでしょうか(笑)

インジケーターのパラメーターでADX Wilderの期間を弄ることが出来るので、このインジケーターを2つ表示してADX Wilderを異なる期間に設定することで様々なトレードアイデアが沸いてくるかもしれませんね。

またオシレーターと組み合わせて押し目買い、戻り売りを狙うのも効果的です。無料の逆張りシグナルインジケーターもたくさん公開されているので、相性の良いものを探すのも面白そうです。

  • この記事を書いた人

ユーロファイター

はじめまして、本サイトの管理人のユーロファイターです。裁量トレードで口座を吹き飛ばしたのをきっかけにシステムトレードの勉強をはじめました(笑) 当初はVTトレーダーでシグナルツールを使ってトレードをしていましたが、MT4の普及に伴いEAによる自動売買に移行しました。 よろしくお願いします(^_^)/

-MT5
-,

Copyright© MT4を使ってFX , 2019 All Rights Reserved.