インジケーターを使わない売買戦略を考える~MT4無料EA

移動平均線を封印して売買戦略を考えてみる

自作EAの売買戦略を立てるときに欠かせないのが移動平均線です。EAを作るときにインジケーターを一つだけしか使えないとしたら、絶対に移動平均線を選ぶのではないかと思うほど頼りにしています(笑)

そんな頼りがいのある移動平均線を使わないでEAを作れと言われたら・・・

もうロウソク足しか頼るものはありません。値動きのエッセンスが詰まっているロウソク足にはロマンを感じてしまうのです。

そんなわけで今回はエントリーロジックにロウソク足を使った売買戦略を考えてみたいと思います。

ロウソク足の長さは勢いを表している

ロウソク足パターンと呼ばれるものは数多くあるのですが、今回はロウソク足の実体の長さに注目してみたいと思います。

強い上昇トレンドのときのロウソク足は陽線が多くなります。この陽線が出現した時にエントリーすれば上昇トレンドの初動を捉えられるのではないでしょうか。

陽線が発生した次の足でエントリーすればタイムラグはほとんどありません。移動平均線など一定期間のロウソク足を元にして計算するインジケーターではどうしても遅れが出てしまいますが、ロウソク足を使えばダイレクト感が半端ないのです。

しかし、チャートを眺めてみると下降トレンドでも陽線は出現していますし、上昇トレンドの時にも陰線は出現します。つまり騙しを覚悟した肉を切らして骨を断つ的な戦略になってしまうのです。

騙されるのには慣れている

人生経験が長くなると騙されるのにも慣れてきています😭

騙されても騙されても信じ抜くことが大切なのです。この戦略では勝率なんて二の次です。陽線を見つけたらトレンドが発生したと信じてひたすらついていくだけです。

往復ビンタをされてフラれてしまうこともあるでしょう。しかしいつかくる幸せを掴むためにひたすらエントリーサインを信じ抜くひたむきな心を持つ必要があるのです。

ひたむきさを演出してくれるのがトレイリングストップです。エントリーしたらトレンドが続く限りひたすらについていってくれます。そしてトレンドが終わったら優しく受け止めてくれるはずです。

とはいうものの流石に全ての陽線に反応していたら体が持ちません。こちらにだって選ぶ権利があるのです(笑)

というわけでロウソク足の実体の長さと髭の長さをフィルターとして使うことにします。

実態が設定した長さを超え、髭が設定した長さよりも短い時にエントリーすることで多少なりとも騙しを減らそうという作戦です。

最適化とバックテスト

出来上がったEAを最適化してバックテストしてみます。

ロウソク足を使っているので通貨ペアはなんとなくドル円にしておきました。

うーん、目一杯最適化した結果がこれです(^^;)

勝率30%( ノД`)シクシク…

単体で使うよりも何かと組み合わせることで活きてくるロジックなのかもしれません(笑)

もしかするとタイムイルターなんかと相性が良いかもしれませんね。

ちなみにこのEAを逆の条件で動かしてみるとどうなるのでしょう?

試しに陰線の長さが設定値よりも短く、髭の長さが設定値よりも長いという条件でエントリーするように変更してみました。パラメーターは面倒なのでそのまま行きます。

うーん、キレイな右肩下がりになるというオチを期待していたのですが、なんとも微妙なカーブを描いてしまいました(笑)

逆張りになるのでこちらはトレンドフィルターと組み合わせると多少はマシになるかもしれませんね。

コメント