ロングとショートのパラメーターを独立制御するEA~MT4無料EA

ロングとショートのパラメーターを独立して制御したいw

前回の記事でRyzen-Scalperのロングエントリーとショートエントリーのパフォーマンスの違いを書きましたが、その違いが思ったより大きかったのでもはやショート専用EAとかロング専用EAもありかなと思い始めています(笑)

MT4 EA Ryzen-Scalperの買いエントリーと売りエントリーのパフォーマンスを比較
ロングとショートのパラメーター 先日ふとEAのパラメーターをロングとショートで独立して設定したらどうなるのかなと思い付き、ボソッとツイートしてみました。 するとKeiさんからポジティブな回答が… むむむ・・ とに...

さすがに需要がなさそうなので作りませんが、売り買い独立パラメーターというのはありなのかもしれませんね。

というわけで最初から売り買いのパラメーターを独立設定するのを前提にしたEAを作ってみることにしました。

 

ポンド円のトレンド系ロジック

エントリーロジックはトレンド系でトレード対象通貨ペアはポンド円です。

パラメーターは以下のようにロングとショートで独立して設定できるようにしてあります。両建てモードにする最大で2ポジション(ロングポジション×1、ショートポジション×1)エントリーします。

【基本設定】
マジックナンバー:1522783→マジックナンバーの設定
ロット:0.1→トレードするロットの設定
両建てモード:false→両建てモードを使用する場合はtrueに変更

【ロングエントリーのパラメータ】
ロングエントリーを有効:true→ロングエントリーを有効にする場合はtrueに変更
ストップロス:100→ストップロスの設定
テイクプロフィット:270→テイクプロフィットの設定
パラメーターA:34→パラメーターAの設定
パラメーターB :14→パラメーターBの設定

【ショートエントリーのパラメータ】
ショートエントリーを有効:true→ショートエントリーを有効にする場合はtrueに変更
ストップロス:80→ストップロスの設定
テイクプロフィット:300→テイクプロフィットの設定
パラメーターA:10→パラメーターAの設定
パラメーターB :8→パラメーターBの設定

デフォルトの設定でバックテストすると以下のようになります。

個別に最適化したのでトレード回数がかなり違いますが、二つの異なるEAを同時に動かしていると考えれば前々気になりません←それは違うw

 

フォーラムの方にアップしておくのでお暇な方は最適化などして遊んでみてください。

ロングとショートのパラメーターを独立制御するEA

コメント

タイトルとURLをコピーしました