メインメニュー

メインメニュー

メインメニュー

クライアントターミナルのメインメニューはプログラムヘッダーに配置され、それぞれサブメニューを有します。クライアントターミナル内で実行されるコマンドや機能はこの中にまとめられています。メインメニュー内には以下のものが含まれます。

◾ファイル
チャートの操作、ヒストリーデータとプロファイルの保存、及び印刷をします。
◾表示
ツールバー、コマンドウィンドウ(「気配値表示」、 「データウィンドウ」、 「ナビゲータ」、 「ターミナル」、 「テスター」)及びプログラムインターフェース言語の設定をします。
◾挿入
罫線分析ツール、ライン、オブジェクトを設定、操作します。
◾チャート
バー表示とスケールの設定、配置するオブジェクトの設定、操作、及びグリッドの表示、チャートプロパティの設定をします。
◾ツール
クライアントターミナル、ヒストリーセンター、グローバル変数、MetaQuotes Language 4 Editorの全般の設定、操作をします。
◾ウィンドウ
開いているチャートとその位置のリストを表示します。
◾ヘルプ
プログラムについてのユーザガイド及びバージョン情報を表示します。

 

Related Articles

チャート操作

チャート操作 チャートは市場での価格変動を分析するために使用され、また、色々なテクニカル分析、オブジェクトの構築にも利用できます。チャートは金融市場の分析に非常に有用な手段であるため、大きな関心がチャートに持たれています…

標準

標準ツールバー ターミナルの設定、操作に関する全体的な操作がこのツールバーにまとめられています。 ◾New Chart : 新しい通貨ペアウィンドウを開きます。このコマンドは通貨ペアのリストを表示します。リストから必要な…

チャートの設定

チャートの設定 ターミナルでの各チャートの画面表示及びプロパティは個別に設定可能です。それには、「チャート⇒プロパティ」メニューコマンド、またはチャートのコンテキストメニューから「プロパティ」コマンドを実行するか、F8キ…

Responses

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)