エントリー後に指定した時間になったら強制的にクローズするEA~無料EA

MT4でEAを作成する時はクローズロジックが大切

MT4を使って自動売買をする場合に必ず用意しなくてはいけないのがEAという自動売買プログラムです。最近では人工知能、いわゆるAIを利用したものも登場していますが、いまだに多くの市販EAはテクニカル分析をベースにしたロジックのものが多いと思います。

ファイルサイズがわずかに数十キロバイト程度しかない簡単なプログラムによってMT4の自動売買システムは動いているわけですね。そう考えると大丈夫なのかなと思ってしまうのですが、数年前のEAがいまだに通用している現状を見るとロジック次第というつまらない結論に落ち着いてしまいます(笑)

限られたテクニカル分析の中から何を選んでどう使うかということがロジックの要となる部分なのであまり表に情報は出てきません。勝てるロジックを持っている人には一般のトレーダには見えていない何かが見えているのでしょうが、その域に達するためには月日を重ねるだけでは無理だということに最近ようやく気付きはじめました(^_^;)

とは言うものの手をこまねいてみているわけにもいかないのでいろいろな方法を試していきたいとは思っています。

エントリーポイントについてはなんとなく掴めてきたような気がするのですが、どのようにクローズするのかという点に関しては未だにコツが掴めていません。

相場の流れにのりながらトレイリングストップで追いかけたり、ボラティリティの変化によりテイクプロフィットとストップロスを可変にしたりすればうまくいくと思っていたのですが、現実は甘くありませんでした。

テクニカル分析を使ったクローズロジックが一番現実的なのですが、ストップロスとの関係が今ひとつピリッとしません。

どんなに良いエントリーをしてもイグジットにより利益に差が出てしまうので、これからしばらくはエントリーロジックよりもクローズロジックのことを考える時間が増えてしまいそうです。

時間の概念をクローズロジックに使ってみる

初期段階のEAではストップロスとテイクプロフィットによってポジションをクローズしていましたが、この方式で作成したEAはバックテストは素晴らしいのにフォワードテストではパフォーマンスが落ちるものがほとんどでした←私の場合だけかもw

ストップロスはタイトに設定するのが好きなのですが、それが災いして損切り貧乏的なEAを量産していたようです。もう少しワイドに設定していれば良かったという場面が結構多かったのです。あとからチャートを見ると、ヒゲの先っちょがストップロスに触れた後に反転しているトレードがかなりありました。

ストップロスは大切で損失を限定するためには必要不可欠なのですが、私には相性が良くなかったようです(笑)

というわけで最近ではストップロスとテイクプロフィットは遠目に置き、テクニカルクローズをメインにしたEAのロジックを考えることが多くなりました。

そんな日々を過ごす中でふと閃いたのが時間でポジションをクローズするのってどうなの?という素朴なアイデアです。

実はこのアイデアはアジア時間のスキャルピングEAをメインで使っていた頃に既に試していたのですが、効果があったという記憶があります。ポジション保有時間とその時の含み益をいくつかのパターンに分けて決済していたのですが、このロジックの採用がドローダウン低減につながっていたのです。

やっぱ時間だな~(*^^*)

今回はエントリー後に指定した時間になったらクローズするというロジックでEAを作成してみました。

クローズするための条件は時間だけでテクニカル分析は一切使用しません。この潔がどう出るのでしょうか。

以下の画像はドル円1時間足でバックテストをした結果です。外為ファイネストのMT4を使っているのでその他のブローカーだとCloseHourの時間を若干変える必要があるかもしれません。

お、意外といいじゃないですか。

テクニカル分析はエントリーで使用しているだけなので、EAの動作もサクサクです。

今回作成した時間でクローズするロジックは、ドル円のように時間帯による動きの変化がわかりやすい通貨ペアに有効なのではないかと思います。

ストップロスとテイクプロフィットは500pipsとちょっと遠目の位置に置いています。これだけ離れていればさほど頻繁にヒットすることはないでしょう。

ある時間エントリーしてある時間にイグジットするEAが以前あったのですが、アプローチとしては面白いのではないかと思います。テクニカル分析を一切使わないわけなので、もしかするとうまくアノマリーを捉えることが出来る可能性もあります。

個人的には時間だけでトレードするEAに期待はしているものの作成しようという熱意まではありません(^_^;)

しかしテクニカル分析と上手に組み合わせることで効果的なロジックを作成出来そうなので、部分的に時間を使ったロジックはどんどん研究していきたいと思います。

今回作成したEAは以下のリンク先からダウンロードすることが出来ます。

【無料EA 】エントリー後に指定時間でクローズするEA

コメント

  1. タコ より:

    すみません、無料EA 】エントリー後に指定時間でクローズするEA をダウンロードさせていただいたのですが、パラメータの数値はどのように入れたらよいのですか?あと、ドル円1時間足限定なのでしょうか?
    簡易でよいので、ご説明をしていただけると助かります。よろしくお願いします。

  2. ユーロファイター より:

    タコさん、こんにちは。

    パラメーターはクローズしたい時間を「クローズする時間」に入力すればOKです。後はお好みでストップロス、テイクプロフィット、ロットを変更してみてください。

    時間はブローカーのサーバータイムを使っているので日本時間とは異なります。(今回は外為ファイネストでバックテストしています)

    特に制限をかけていないので他の通貨ペアでも使えますが成績は悪いです(笑)ユーロドルあたりだといちおう右肩上がりにはなりますが収益曲線はガタガタになってしまいます(^_^;)

    最適化していい通貨ペアとパラメーターの組み合わせが見つかったら教えてください(笑)