3本の移動平均線の傾きでエントリーするEA~MT4無料EA

移動平均線手法とフィルター

トレードの基本はトレンドを捉えるということですが、トレンドを捉えるという点において移動平均線の右に出るインジケーターは存在しないのではないかと思います。テクニカル分析派かこの価格を元にするしかないわけなので、過去の価格の平均を並べただけのチャートが機能するのも当然といえば当然かもしれません。

つい褒めたたえてしまいましたが、移動平均線も使い方によっては薬にもなるし毒にもなるので注意が必要です。私がトレードを始めた時に覚えた移動平均線クロスの手法はトレンドには強かったのですがレンジにはめっぽう弱い手法でした。不幸なことに私がそのトレード手法をスタートした時期がレンジ相場の始まりだったので、往復ビンタの連続でした(^^;)

移動平均線が通用する相場と通用しな相場があることにその頃は気が付かなかったのですね。今思えば当たり前のことがFXの初心者にとっては難しいことなのです。

というわけで移動平均線の苦手なところではトレードしないようなロジックが望ましいわけなのです。この問題を克服するためには移動平均線クロスのエントリーロジックにトレンドフィルターを付け加えるのが効果的です。トレンドフィルターを加えることでトレンド発生時に積極的にエントリーしていこうという戦略ですね。トレンドフィルターには何を使ってもいいのですが、移動平均線やMACDなんかが使いやすそうです。

もう一つの考え方としてはトレンドの発生していない状況でのエントリーを抑制するためのフィルターを使うことです。ボラティリティが落ちてきたときにエントリーしないようにするので使うインジケーターは限られてきますね。

移動平均線3本使ったエントリー

逆にフィルターを使わずに複数の移動平均線の条件がすべて揃ったときにエントリーするという方法もあります。今回は短期の移動平均線、中期の移動平均線、長期の移動平均線の傾きが揃ったときにエントリーするロジックでEAを作成してみました。

一種のパーフェクトオーダーと言ってもいいと思いますが、長期トレンド、中期トレンド、短期トレンドの方向性がすべて一致するまで待っていなくてはいけないので裁量トレードよりは自動売買に向いている手法かもしれないですね。

トレンドが発生している時は綺麗に移動平均線の向きが揃っているのですが、その時にエントリーしようという作戦なのですがチャートでエントリーポイントを見ると若干微妙な気もしなくはない(笑)

もっと突き詰めるなら3本の移動平均線の位置関係も考慮しないといけないかもですね。

「Download」をクリックするとEAをダウンロードすることが出来ます。

シェアする

フォローする