アヴァトレード・ジャパン( Ava Trade Japan)がMT5で取引可能に!インジケーターはもちろんEAによる自動売買も可能

MT5後進国の日本にもついにその時がやってきた

今までさんざんMT5が国内で使えないことを嘆いてきたのですが、ついにその時がやってきたようです。

アヴァトレード・ジャパン株式会社がメタクォーツ社の最新トレードツールであるMT5(メタトレーダー5)の提供をスタートさせました。

アヴァトレード・ジャパン株式会社 MT5口座開設
アヴァトレード・ジャパン株式会社 MT5口座開設
アヴァトレード・ジャパン株式会社 MT5口座開設 | GogoJungle

国内でもMT5を検討しているブローカーがあることはうわさでは聞いていたのですがまさかこんなに早くサービスインするとは思っていませんでした(^^;)

MT4にはないMT5のメリットに魅力を感じている人にとってはまさに待ちに待っていた瞬間だったのではないでしょうか(笑)

MT5が登場した時は動作の重さに辟易とした記憶がありますが、最新のパソコンを使っていれば動作はサクサクですし、マルチコアが使えるので最適化はMT4の速度を上回ります。操作性も一部に違いがあるものの基本的にはほとんど変わらないので乗り換えに際して戸惑うこともないでしょう。

唯一問題になるのがMT4で使っていたインジケーターやEAがMT5では使えなくなってしまうということくらいでしょうね。

MT4歴が長い人ほど乗り換えに躊躇するかも

おそらく唯一の問題であるインジケーター、EAの互換性についてですが、MT4歴が長い人にとっては深刻な問題で乗り換えに踏み切れない大きな理由となりそうです。現在使っているツールに満足している人はMT5バージョンが登場するまではMT4のまま使い続けることでしょう。

MT5のインジケーターやEAの開発が活性化する効果も

今回アヴァトレードジャパンがMT5を採用したことによって開発者によるインジケーター、EAの開発が活性化する可能性があります。今までは海外業者でしか使えなかったMT5が国内で使用できるようになったことで、ユーザーも古いMT4よりも新しいMT5を使いたいという心理状況に変化することも考えられます。

開発者側、ユーザー側の思惑が合致することでインジケーター、EA市場が一気に活発になるかもしれません。当然ゴゴジャンも力を入れてくることでしょう。

MT5を取り巻く環境が盛り上がってくれば他のブローカーも参入せざるを得なくなるはずです。そこに至るまでにはまだまだ時間がかかりそうですが、数年後にはMT5が主流になっている可能性は十分に考えられます。

アヴァMT5の特徴

アヴァトレードのMT5は最新のトレード機能、テクニカル分析ツールそして、高度な自動売買システムを持つ多機能プラットフォームです。

テクニカル分析をしながら裁量トレードをするトレーダーにとっては標準搭載されている多彩なテクニカル分析が魅力的に映るかもしれません。なんといってもアヴァトレードMT5に搭載されているテクニカル分析は38種類と豊富な品揃えとなっており、基本的なテクニカル分析に不足を感じることはありません。

個人的にはADXワイルダーやAMAなど騙しの少ないインジケーターが好きなのでフィルターとして採用しているのですが、他にもMT4にはない良さげなインジケーターがいくつかあるので試していきたいですね。

もちろんMT4と同様にアヴァトレードMT5でもEAによる自動売買が可能です。残念なことにMT4で使用していたEAは使えないのですが、いずれMT5対応のEAが登場してくるはずなのでそれまでは自動売買はお預けですね(T_T)

気になるスプレッドですがかなり頑張ってくれているようです。

あくまで固定スプレッドではないので流動性の低い時やボラテリティの高すぎる時はもっと開くはずですが、普段スプレッドがこれくらいならスキャルピングEAも作りやすくなりますね。

スポンサーリンク
         
MT5
MT4を使ってFX

コメント