取引

取引ポジション

指値注文の取消

指値注文の取消 市場条件が変わると、指値注文を取消す必要性が生じることがあります。取消を行うには、「注文の変更または取消」指値注文コンテキストメニューコマンドを実行するか「ターミナル⇒取引」ウィンドウにある指値注文のステータスラインで...
取引ポジション

指値注文の変更

指値注文の変更 市場で売買する場合、しばしば、発注した指値注文の変更または取消を行う必要があります。これを行うには、「注文の変更または取消」指値注文コンテキストメニューコマンドを実行するか「ターミナル⇒取引」ウィンドウにある指値注文の...
取引ポジション

指値注文の発注

指値注文の発注 指値注文を発注するには、「注文の発注」ウィンドウを開く必要があります。これは「ツール⇒新規注文」メニューコマンド、「標準」ツールバーのNew Order ボタン、F9キー、「気配値表示」 及び 「ターミナル⇒取引」 ウ...
取引ポジション

ポジションのクローズ

ポジションのクローズ 証券の売買により取引オプションがオープンされます。次に、買値と売値の差額で利益を得るためには、ポジションをクローズする必要があります。クローズの取引オペレーションはオープンの取引オペレーションの逆です。たとえば、...
取引ポジション

ポジションの変更

ポジションの変更 現在のポジションの変更ではそれに添付されたストップ(S/L)またはリミット(T/P)の新しい水準の設定ができます。ポジションを変更するには、「オープンポジション」コンテキストメニューの「注文変更または取消」コマンドを...
取引ポジション

ポジションのオープン

ポジションのオープン ポジションをオープンすること、即ち、市場へ参加することは、まず、特定額の取引証券を売買することです。ポジションは、成行注文の執行または指値注文の自動約定のいずれかによってオープンされます。 成行注文 ...
取引ポジション

取引ポジション

取引ポジション 金融市場において取引で利益を上げるための基本的で簡単なルールは安く買って高く売ることです。したがって、金融市場での取引活動は証券売買のための連続的オペレーションとなります。それを行うには、取引ポジションをオープンし、変...
取引

執行のモード

執行のモード クライアントターミナルでは3つの注文執行モードがあります。 ◾即時執行(新規取引または決済取引) このモードでは、注文はターミナルが取引業者に提示した価格で執行されます。ターミナルは現在価格を設定して注文を送りま...
取引

トレイリングストップ

トレイリングストップ ストップ(S/L)の意図は通貨ペア価格が不利益な方向に動く場合に損失を減らすことにあります。ポジションが利益状態になると、ストップ(S/L)は手動で採算水準に移すことができます。このプロセスを自動化するため、トレ...
取引

注文種別

注文種別 クライアントターミナルでは、取引業者に取引オペレーションの実行を要求することができます。さらに、ターミナルでは、オープンポジションの制御と管理が可能です。これらの目的のため、いくつかの取引注文のタイプが使われます。注文は取引...