fx−on

fx−on

マルチロジックで3通貨ペアに対応(ドル円、ポンドル、ユードドル)したデイトレードEA「MultiLogicShot_EA」

単一通貨ペアに対応したEAを複数走らせてポートフォリオを組むのも悪くありませんが、EAを複数購入する必要があるため初期投資費用がかさんでしまうというデメリットがあります。 出来れば一つのEAで複数通貨ペアに対応していれば最高なんじゃな...
fx−on

トレンドラインを引くのが苦手なトレーダーはライントレードが出来ない?そんな時に使いたいトレンドライン自動描画ツール トレンドラインPro

メタトレーダー4には豊富なインジケーターが用意されており、それらを組み合わせることで多彩なトレード戦略を作ることが出来ます。巷で販売されているEAのほとんどがロジック内でインジケーターのお世話になっているはずです。 私もMT4で自動売...
fx−on

チャートの天と底を狙うスキャルピング用逆張りインディケータ「ScalpingG」

スキャルピングの基本は逆張り!しかしトレンドには要注意! FXで人気の裁量トレード手法と言えばまず最初に思い浮かぶのがスキャルピングです。 1分足、5分足などのチャートを使って数pips~10pips程度を短期間に抜いていく非常に効...
fx−on

相性抜群の人工知能EA InstaFX + InstaFX-Relaxのポートフォリオはドローダウンを低減 AIによるパターン分析恐るべし

InstaFXとInstaFX-Relaxは組み合わせは最高 InstaFXとInstaFX-Relaxはドローダウンの位置が微妙に違っているので、2つのEAを組み合わせることでドローダウンを軽減できるかもしれません。 というわけで...
fx−on

AIによるパターン分析によりロジックを選択するEA InstaFX-Relax のバックテスト結果を検証してみた

InstaFX-Relaxのバックテスト結果はInstaFXと似ている InstaFX-Relaxのバックテスト結果は、InstaFXと同様のAIテクノロジーを採用している影響もあり似ている部分が多くなっています。 2EAの...
fx−on

AIを応用したEA InstaFXのバックテスト結果を検証してみた

10年以上のバックテスト期間を余裕でクリアするInstaFX InstaFXは今話題のAI(人工知能)を応用したEAで、AIによるパフォーマンスアップの効果はバックテストにも現れているようです。 バックテスト期間は2007年...
fx−on

今話題のAI(人工知能)を応用したEA InstaFX と InstaFX-Relax の違いを探る

ついにEAも人工知能(AI)の時代へ突入 EAはいったいどのように自動売買を行っているのでしょうか。 簡単に理解するためにテクニカル分析の王道とも言える移動平均線クロスを例にして説明してみましょう。 まず最初にEAがどのように...
fx−on

状況に応じてテイクプロフィットとストップロスを可変する夜行性スキャルピングEA~ねこ博士の新作はコアラをイメージした EA_Midnight_Koala

数々の優れたEAを開発してきたねこ博士の新作はAUDCADを対象にしたスキャルピングEAです。豪ドル絡みということと深夜にトレードすることからEA名にはオーストラリアのある動物の名前が使われています。 EA_Midnight_Koal...
fx−on

最先端のインテリジェントトレーリングストップが生む安定感!一日1エントリーのスキャルピングEA ウィズダムペンギン USD/JPY

ナンピン、マーチンゲールEAで痛い目に遭った人は堅実なEAを探しているのではないかと思いますが、最近公開された「ウィズダムペンギン USD/JPY」はまさにこのようなニーズにぴったりのEAではないかと思います。 ウィズダムペンギン U...
fx−on

ハイローオーストラリアで自動売買「HighLowバイナリオプション自動売買システム」付属のEAのパラメータでインジケーター名を指定!

MT4で自動売買をやってきた人たちにとってはハイローオーストラリアのトレードプラットフォームは使いづらいと感じているはずです。チャート上にインジケーターを表示させることも出来ませんし、EAを使った自動売買が出来るわけでもありません。 ...