定型チャートはいつも使うチャートのテンプレートとして便利

Hornet USDJPY | fx-on.com

トレードするときは定番チャート

チャート分析をするときにはほとんどのトレーダーが自分自身の定番的なインディケーターを使用していると思います。MT4はインディケーターも豊富ですし、カスタムインディケーターをインストールすればさらにチャート分析の幅が広がります。

例えば長期、中期、短期の移動平均線とRSIを表示してトレンド方向への押しや戻りを拾う組み合わせを好む人もいるかもしれません。

MT4のチャートをテンプレート(定型チャート)として保存

移動平均線とRSI

移動平均線とRSI

上の画像のように必要なインディケーターをチャート上に表示してからツールバーの「Templates」ボタンをクリックします。

templatesボタン

templatesボタン

「定型として保存」をクリックすると「名前をつけて保存」のダイアログが表示されるのでわかりやす名前をつけて「保存」をクリックします。

テンプレートに名前を付けて保存

テンプレートに名前を付けて保存

これでテンプレートとして保存することができました。このテンプレートを呼び出したいときは「Templates」ボタンをクリックして先ほど保存したテンプレート名をクリックするだけです。これなら簡単ですね。

必要のなくなったテンプレートは「名前を付けて保存」ダイアログの中で削除することが可能です。

トレード戦略ごとに定型チャートを作っておけばマウス操作だけで簡単に天気チャートを切り替えられるので便利です。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク