iPad Pro 11月発売。iOS9のマルチタスキングでSurface Pro 3 よりも使いやすくなりそう

Hornet USDJPY | fx-on.com

ついに待望のiPad Proが11月に発売されることになりました。

正直言って待ちきれないです(^-^;

Surface Pro 3 を使っているとやはりタッチパネルの使いやすさを見に染みて感じます。もちろんMT4でEAを作ったりバックテストをしたりするのにタッチパネルは必要ありませんが、ブラウザでのサイトの閲覧の時などにちょっと拡大する時に非常に便利です。

特にSurfaceはトラックパッドの出来が良くないので、ついついディスプレイに手が伸びてしまいます。MacBook ProやAirの出来の良いトラックパッドならディスプレイにタッチしたくなることも減ってくるとは思うのですが。

今Surfaceでやっていること言えば、サイトの閲覧やワードで文章を打つことくらいなので、Pad Proに替えたとしても問題はなさそうです。

なんといってもSurfaceはディスプレイサイズが小さいので文字が見えにくい( ノД`)

しかも使用するアプリによってはスケーリングがうまくいっていない時もあるし。

13インチ以上のSurface Proが出てくれれば魅力的なのですが、12インチのサイズではSurfaceの性能を十分に活かせない様な気がします。

そんなわけで、発表されたばかりのiPadProに興味津々なわけなんです。

欲を言えばiOSじゃなくて、Mac OS Xを搭載したiPadが出たら最高だったのですがMacBookがあのような形で出てしまったので、しばらくはお預けになりそうですね。

iPad Proだけで何もかも出来るわけではないので母艦が必要になりますが、MacBook Proの15インチかiMac辺りが良さそうですね。MacだったらWindows10も動かせるので、MT4をでEAも作れるし、バックテストも出来ちゃいます。

11月までにSurfaceが魅力的なバージョンアップをしない限り、自分の中でのiPad Proの優位性は動きそうにありません(^^)

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク