Parallels Desktop 11 for MacではWindows10のCortana(コルタナ)をサポート


FOREX.com 口座開設

MacでWindowsが使える仮想化ソフトであるParallels Desktop の次期バージョンでは音声認識アシスタント「Cortana」がサポートされるかもしれません。

Discover What’s New in Parallels Desktop for Mac

Ready for Windows 10 and El Capitan

Run Windows 10 on OS X El Capitan with ease. You can even upgrade your virtual machine from Windows 7 or 8 to Windows 10.

Mac OS X 10.11 El CapitanでWindows10が使用可能

Lightning Fast Performance

Up to 50% faster! Load your Windows apps at lightning speed. Get to what you need faster. Shared Folders in OS X virtual machines are mounted as connected servers, enabling faster access to your data. With shortcuts to shared folders, all your files are readily available.

Windowsアプリの読み込みが50%まで高速化。

Improved Battery Life

New “Travel Mode” temporarily shuts down resource intensive services in order to extend battery life while away from a power source.

電源に接続されていない間バッテリ寿命を延長するためにリソースを消費するサービスをシャットダウンするトラベルモードを搭載。

Always on Cortana

Brings Windows goodness to Mac. Use Cortana, the Microsoft speech enabled virtual assistant, even when Windows 10 is not the forefront application.

WIndows10がバックグラウンドにある時でもCortanaを呼び出すことが可能。

「Cortana(コルタナ)」はマイクロソフト版の音声パーソナルアシスタントシステムで、iOSのSiriのような機能を持ったアプリです。

残念ながらWindows10のリリース直後のCortanaは日本語対応していません。しかし、Microsoftは「Cortana(コルタナ)」を数カ月以内に日本、オーストラリア、カナダ(英語)、インドのWindows Insider Program参加者に提供することを明らかにしています。実際に私たちが使えるようになるのにはもう少し時間がかかりそうですが、来年になれば使えるんじゃないでしょうか。

MT4のEAファイルをCortanaで検索なんてことも出来るようになるとうれしいんですけど(^◇^)

MacBook Proをバッテリー駆動しているときにWindowsを使う機会は自分の場合はあまりありませんが、バッテリーの寿命が延びるのは嬉しいですね。アプリの起動速度が速くなるも気の短い人には気になるポイントでしょう。今でも十分速いんですけどね^^

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする