これはいい!ソニーのワイヤレスノイキャンイヤホン WF-1000X アンビエントサウンドモードに期待

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマホのイヤホンは凝るとキリがないので最近では、アップル純正のものに落ち着いてしまいましたが、出来ればもっと音質がいいのがあれば変えたいなというのが本音だったりします。

なぜアップル純正のイヤホンを使用し続けているのかという一番大きな理由が外部の音がよく聞こえるからです。音楽を聴いているときには外音の遮断性がいい方が音質的には満足できるのでしょうが、安全性やコミュニケーションのことを考えると全く聞こえないというのでは非常に困ります。

アップル純正のイヤホンは音質はよくありませんが、外部との遮断性の低さという点では大いに満足できる製品だったのです。

しかし、最近になってソニーのヘッドフォンにアンビエントサウンド(外音取り込み)モードという機能があることを知りました。早速家電店のオーディオーコーナーに視聴しに行ったのですが、その性能は期待以上に優れていたのです。視聴した製品はMDR-1000Xというワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセットですが、価格も3万円台と性能を考えると手ごろだったし、音質にも納得したので非常に欲しかったのですが、締め付けがきつくて長時間つけていると耳が痛くなってくるという弱点がありました。

ヘッドホンに慣れている人には問題ないのかもしれませんが、普段はイヤホンしかしたことがなかったのでこの装着感には最後まで馴染めませんでした(^_^;)

そんなわけでこの時は購入を見送ったのですが、嬉しいことにこの装着感の問題を解決してくれる製品が10月に販売される予定なのです。

ソニーのサイトを見ると2017年ワイヤレスイヤホンのWF-1000Xが10月7日発売予定となっていますので今から視聴するのがすごく楽しみです。

http://www.sony.jp/headphone/products/WF-1000X/

私が興味を持っているアンビエントサウンド(外音取り込み)モードとは、音楽を聴きながら周囲の音を聞くことができるモードのことです。車のクラクションの音や電車の中でのアナウンスが聞こえるので非常に便利ですね。人の声だけを特によく聞こえるようにしたボイスモードも備えているので、音楽を聴いているときに話しかけられても安心です。

ワイヤレスにこれだけの機能を搭載して性能を維持できているのかが気になりますが、もしMDR-1000X並みの外部音取り込み性能があれば買いの一品であることは間違いなさそうです。

音質面はMDR-1000Xに劣ることは覚悟していますが、ソニーなので期待しています。