Microsoftの次期OS「Windows 10」でもMT4自動売買は出来る?

Hornet USDJPY | fx-on.com

米Microsoftは9月30日(現地時間)、米サンフランシスコで次期Windowsのプレビューイベントを開催。開発コード名で「Threshold(スレショルド)」と呼ばれてきた次期Windows OSが「Windows 10」の名称であることを発表した。Windows 8/8.1の後継は、うわさされたWindows 9ではなく、数字を1つ飛ばしたWindows 10となる。

Microsoftの次期OSは「Windows 10」

先日のイベントでWindows9を飛ばしてWindows10とすることが発表されましたね。Windows8が出た時はマイクロソフトも終わりかと思いましたがWindows8.1になって使い勝手が向上してきたので更にPCユーザーに配慮するであろうWindows10には期待しています。

現在通常のブラウジングや簡単な文書作成などにはMacを使用していますが、MT4関連はどうしてもWindowsが必要になってきます。というわけでWidows10登場後のMicrosoft Surfaceシリーズが出たらぜひゲットしたいですね。これがあれば通勤電車の中やカフェなどでもEAを作ることも出来ます。

実はMacでもBoot CampParallels Desktop 10 for Macなどの仮想化ソフトを使用すればMT4を使用することが出来ます。

仮想化ソフトであるParallels Desktop 10 for MacはMacとWindowsをシームレスで使用出来るので非常に便利ですし、MT4でチャート見たり自動売買したりといった通常の使用の場合のパフォーマンスでも問題なく動いてくれます。しかし、EAのバックテストや最適化などをするとどうしてもパフォーマンスに不満を感じる場面が多くなります。Parallels Desktop 10 for Macになって処理速度は上がっているようですがやはりスピード勝負ではWindows機に軍パイが上がります。ただ仮想環境ならではのメリットもあるのですが。

まあMacでMT4を使用したいという人はそんなにいないと思うのでどうでもいい話なのでこの辺で。

Windows10の動作するデバイスは、IoT(Internet of Things)からスマートフォン、タブレット、PC、テレビ、エンタープライズサーバまでということなのでかなりの広範囲をカバーすることになります。Windows10を積んだスマートフォンでMT4が動いたらすごいですけどたぶんPCやタブレット以外はストアアプリしか動かないのかもしれませんね。

ストアプリ版のMT4やMT5がMetaQuotes社からリリースされれば一番いいのですが、今のところそのような噂は聞こえてこないですね(泣)

とても気になるWIndows10を少し早めに試せるのがWindows 10 Technical Previewバージョンです。
Windows 10 Technical Preview、間もなく登場

登場まではブログで情報を発信するということで開いてみたらが英文ブログでした。日本マイクロソフトは何してるんだ^^;
http://blogs.windows.com/bloggingwindows/2014/09/30/announcing-windows-10/

もしWindows 10 Technical Previewがダウンロード出来るようになればParallels Desktopの仮想環境にインストールしてMT4が動作するか試してみたいと思っています。たぶん動くんでしょうけど(笑)

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク