BITPointの登場でビットコインは決済手段からトレード対象へ

ビットコインと言えば現実の社会では使うことの出来ない、ネット上の決済手段の一つだったの過ぎなかったはずなのですが、私の知らない間にずいぶんと様子が変わってしまったみたいです。

いつの間にやらビットコインをMT4でトレードすることの出来るビットポイントという取引所が開設されており、FX同様にチャートを見ながらのテクニカルなトレードが可能になっていたのです。これは為替の動きが鈍い時のトレード対象として最適な存在になりそうな予感です。

ビットコインの魅力はなんといっても値動きが大きいという事に尽きると思います。FXで言えばポンド円のような存在でトレーダー通貨と言っても過言ではありません。その分リスク管理をしっかりとしておかないと危険だという事はポンド円同様なのですが。

ビットコインでMT4が使えるということはビットコインで自動売買が出来るということなので非常に楽しみですね。まだビットコイン用のEAはそれほど多くはないようですけど、FXトレーダーの間にビットコインが浸透してくれば一気に増えてくるかもしれません。自動売買派の人はもう少し待っていた方がいいかもしれないですね。

現在調子の良さそうなビットコイン用のEAは「TrigintaJPY Opus 4」と「BitPoint_HMAUpTrader」の二つですが、前者は1ポジションの安定派、後者は複数ポジションのアクティブ派と分類してもいいほど性格が違っています。ビットコインの自動売買をスタートする人にとってはTrigintaJPY Opus 4の方が安心感があるかもしれないですね。

自分でもビットコイン用のEAを作成してはいるのですが、ヒストリカルデータが少なくて苦労しています。約半年分位しかないので右肩上がりのEAを作るのは簡単なのですが、それを実際に動かしてみた時に期待通りのパフォーマンスを発揮してくれるのかまったく自信がありません。

開設したばかりの取引所なので期待してはいなかったのですが、1分足を使ったりフォワードテスト期間を長く取るなどの工夫が必要なので結構面倒くさいですね(^^;)