スクリプトの起動

Hornet USDJPY | fx-on.com

スクリプトの起動

一般的パラメータの設定後、スクリプトを起動することができます。これを行うには、それをチャートに添付するだけで十分です。その時点で、「#property show_inputs」指示語がプログラムのソースコードにあると、スクリプト設定ウィンドウが自動的に表示されます。このウィンドウの「共通」タブで、以下のことが可能です。

◾ポジション : ポジションをオープンする方向を選択します。

1.ロングとショート : ロングとショートの両方です。
2.ロングのみ : 買いのみです。
3.ショートのみ : 売りのみです。

◾アラームの有効化 : スクリプトのアラームを有効/無効にします。
◾2度目以降のアラームの無効化 : 最初のアラームが出された後にアラームを無効にします。
◾ライブ取引の許可 : ライブ取引を有効/無効にします。
◾Askの手動確認 : 取引オペレーションを行うときのポジションオープンの手動確認を要求します。
◾DLLのインポートの許可 : DLLファイルからの関数のインポートを有効/無効にします。
◾DLL関数呼び出しの確認 : DLLファイルからの関数の各呼び出しの確認を要求します。
◾外部エキスパートのインポートの許可 : 外部エキスパートからの関数の呼出しを有効/無効にします。
スクリプトの外部変数は「入力値」タブで変更することができます。それらは外部クラスの変数です。パラメータを変更するには、その値にカーソルを合わせて左マウスボタンをダブルクリックして、新しい値を書き込む必要があります。その場合、各変数の値を変更するか、以前にすでに保存されている入力値のセットをダウンロードすることができます(「ロード」ボタン)。「ダウンロード」ボタンを使って現在の入力値設定を保存することができます。

「リセット」ボタンをクリックすると、すべてのデフォルト設定に戻すことができます。ターミナル設定に定義されているパラメータは「共通」タブで設定することができます。また、プログラムのソースコードに設定されているパラメータは入力値として定義されます。定義されたパラメータのあるスクリプトは「OK」ボタンをクリックして確認するか、「キャンセル」ボタンをクリックして取り消すことができます。

注意 : エキスパートまたはカスタム分析の場合とは異なり、スクリプトの特別の属性はその起動時にのみ設定されます。

スクリプトはその後すぐに起動されます。「ナビゲータ⇒スクリプト」ウィンドウで選択したスクリプトにカーソルを合わせて左マウスボタンをダブルクリックするか、スクリプトコンテキストメニューの「チャート上で実行」コマンドを実行して、スクリプトをアクティブなチャートに添付します。ドラッグ & ドロップを使うと、スクリプトはどのチャートにも添付することができます。「スクリプトの削除」コマンドがチャートコンテキストメニューに表示される場合は、スクリプトが作動していることを意味します。このコマンドはこのMQL4プログラムが作動している間にのみアクティブです。

注意:1つのチャートに添付できるスクリプトは1つだけです。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク