コインチェック(Coincheck)がクレジットカード、ペイジー、コンビニ入金による入金が一時停止!ビットコイン以外のNEM(XEM)などのオルトコインの販売も一時停止

日本国内で仮想通貨を取り扱う大手取引所の「コインチェック」が、NEMの売買を停止するトラブルを起こしていることが同社の公式サイト上で明らかにしています。

【重要】NEMを始めとした取扱通貨について(随時更新)

いろいろと調べてみたら「XEM」が5.4億XEM、日本円にして約620億円以上が引き出されているらしく、マウントゴックス社の事件を思い出してしまいました。

もっともマウントゴックス社の事件では、当初は「ハッキングを受けて顧客資産ビットコインを消失した」という発表がされたのですが、その後の調べで元社長のマルク・カルプレスが横領していたことがわかりました。

ビットコインのシステムに脆弱性があるのではないかという憶測が広まり、ビットコインの信用はがた落ちしたのですが、ブロックチェーン技術に詳しい人たちはそのような意見には耳も貸さなかったようです。

今回のNEMの件がビットコインと同じく内部の者による犯行なのか、実際にハッキングされ盗まれたのはわかりませんが、顧客にとってはいい迷惑であることは間違いありません。

コインチェックの公式ツイッターを見てかなり慌てている様子が見て取れますね。この一連のツイートを見ていたら顧客は不安に駆られることでしょう。

コインチェック社前には顧客も集まり始めているようです。

現地には1億円を預けている人も駆けつけているようです。