MT4の高性能EAの作り方が学べるEA製作セミナー(初級編・前編)が開催されます!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Sinka-USDJPYフォワードテスト
Sinka-USDJPY  | gogojungle.co.jp

このブログで紹介しているゴゴジャンのEAつくーるはプログラミングの知識が無くても誰でもEAが作れるツールですが、やはり出来ることには限界があります。EAつくーるではテクニカル分析の数値を利用して売買条件を作っていくので、巷でよく知られているテクニカルを使ったトレード手法はたいていはEA化出来ると思います。

しかし中にはプログラムに手を加えないと完成しない戦略もあります。EAつくーるはソースコードが出力されるので該当箇所を自分で変更したり追加することも可能ですが、そうなるとプログラムの知識がどうしても必要になってきます。

EAつくーるは非常に優れたEA作成ツールではあるのですが、万能というわけにはいかないのです。

EAつくーるでは実現できないようなロジックのEAを作成したい時はプログラムの知識が必要になってきます。インターネット上で情報を集めて独学でプログラムをマスターしている人も多いのですが、途中で挫折してしまう人もまた多いようです(^^;)

そんな人のために初心者向けのEA開発セミナーが開催されるようです。

EA製作セミナー(初級編・前編)

このセミナーではEA開発の基礎を学ぶことが出来ます。

セミナーのスケジュールは以下のとおりです。なんとなく大学の講義を思い出してしまいますね。午後からなので昼食を食べ過ぎてしまうと眠くなってしまうかもしれません(笑)

12:30 開場
13:00 セミナー前半
14:30 休憩(15分)
14:45 セミナー後半
15:45 質疑応答
16:00 終了

セミナー受講にあたって用意するもの

・ノートパソコン
できればWindows7以降
MacBookの場合はMT4が動くか、ご自分のリモートVPS上でMT4が使えること。
・最新版MT4がインストールされていること
・MT4のテスト用デモ口座
・新品の大学ノート
・筆記用具

ノートパソコンはMT4が動けばMacでもいいみたいですね。BootcampやParallelsDesktopはもちろんVPS上のMT4でも問題ないようです。会場では無線LANを使用するのでwifiに接続出来るパソコンじゃないとだめですね。

受講内容は以下のとおりで基本的なところはガッツリと説明してくれそうです。

0.同じMT4でもFX会社ごとに、サーバ時間などが違うことの説明
カバー先が異なることの説明ー会社ごとに配信レートが違ってくる原因など
1.MQLウィザードから雛形を作るところとコンパイルまで。
2.雛形で自動生成されたものの説明。
C言語ライクな言語で、オブジェクト指向も取り入れられている説明
OnTick()などの説明
3.Comment()を使ってチャート上に文字を表示することこまで。
「;」が必要と説明
4.変数・型の説明
5..F条件分岐
6.FORの使い方
7.注文発注関数の説明
8.オーダー系関数の説明
9.実践
10.復習~テキストの配布~
11.終了

開催日は2018年1月27日(土)、申込期間は1月26日までとなっているので興味のある人は急いだほうが良さそうです。

プログラムがわからない人向けの話から入るようなので、ある程度知識を持っている人には簡単すぎるかもしれませんね。

セミナー主催者はBeatriceシリーズのEAを開発しているTokyo system traderさんなので内容の方はかなり期待できそうですね

フォローする

関連記事