インディケーターを使ってみよう

Hornet USDJPY | fx-on.com

MT4 をお勧めする理由のひとつにインディケーター(テクニカル分析が表示できます)の豊富さとインディケーターのカスタマイズ性の高さが上げられます。

MT4に標準で付属しているインディケーターだけでも 20 種類以上ありますし、さらに自分で作成したり、ダウンロードしたカスタマイズしたインディケーターを使用することも可能です。

以下に MT4に標準でインストールされているインディケーター(テクニカル分析)を紹介しておきます。よく使われているテクニカル分析も多いので基本的に標準インストールされたインディケーターだけでもかなりのことが出来ます。これらのインディケーターとラインを組み合わせてテクニカル分析を行えばシンプルなトレードには十分対応可能だと思います。

例えばチャート分析の王道ともいえるグランビルの法則なども移動平均線を使用することで簡単にチェック出来ます。MACDとストキャスティクスを同時に表示することも可能ですし、カスタマイズされたインディケーターを使用すれば移動平均線のクロスを矢印で表示しアラートを鳴らすことさえ出来る多機能性も兼ね備えています。

カスタムインディケーターにメール送信機能を組み込むでことで外出先でもシグナルを受け取ることができ、モバイルトレーディングの環境が整っていればトレードに参加できるようにもなります。

【罫線分析ツール】

Accelerator/Decelerator Oscillator (AC)
Accumulation/Distribution (A/D)
Alligator(アリゲーター)
Average Directional Movement Index (ADX)
Average True Range (ATR)
Awesome Oscillator (AO)
Bollinger Bands (ボリンジャーバンド)
Commodity Channel Index(CCI)
DeMarker
Elder-rays
Envelopes(エンベロープ)
Force Index
Fractals(フラクタル)
Gator Oscillator
Ichimoku Kinko Hyo(一目均衡表)
Market Facilitation Index
Momentum(モメンタム)
Money Flow Index (MFI)
Moving Average(移動平均線)
Moving Average Convergence/Divergence (MACD)
Moving Average of Oscillator (OsMA)
On Balance Volume (OBV)
Parabolic SAR(パラボリック)
Relative Strength Index(RSI)
Relative Vigor Index (RVI)
Stochastic Oscillator(ストキャスティクス)
Williams’ Percent Range (ウィリアム%R)

豊富なインディケーター類

豊富なインディケーター類

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク