MT5のボリンジャーバンドを使ってバイナリーオプションのトレード手法を検討してみる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バイナリーオプションはFXで勝つよりも難しいかも

ここ数日間バイナリーオプションのデモトレードに挑戦しています。バイナリーオプションとFXは為替をトレードするという点で似ているのですが、同じアプローチでトレードしていたらきっと勝てないかもしれないかもしれません。デモトレードを通じてなんとなくバイナリーオプションの難しさと危険性がわかってきました。

FXのトレードでは利益目標を決めてエントリーし、逆行したら損切、順行したらリカクという感じでトレードしているのですが、バイナリーオプションの場合は時間で全てが決まってしまいます。1時間後に上がっているのか下がっているのか、これを予想することは実は思っていたよりも難しかったのです。普通に上か下かを予想した場合、50%の確率で勝つことが出来るのですが、バイナリーオプションの場合は50%では損失になってしまうのです。

ペイアウト率と損益分岐点の関係は次の式で計算することができます。

損益分岐点(%)=100÷ペイアウト率

例えばペイアウト率が180%の場合は100÷180=55.6%となります。

50%の勝率ではプラスにならず、最低でも利益を上げるためには55.6%以上の勝率が必要となってくるのです。

この勝率はFXだとスキャルピングEAを作ると余裕でクリアできる数値なのですが、スキャルピング以外の手法だと56%の勝率をクリアするのは結構難しかったりします。バイナリーオプションの場合は時間との戦いなので、なおさら難しいのではないかと思います。

FXで蓄積したトレード戦術を活かしつつ、バイナリーオプションに対応したトレード戦略を練っていかなければ継続して勝つということは難しいのではないかと思います。

前回の記事でボリンジャーバンドによる逆張りEAでバイナリーオプションのトレードをしてみましたが、なんとなくいい感じの結果が出ました。たった1日だけの結果なので当てになるものではありませんが、もしかしたら逆張りエントリーというのは効果的なのかもしれません。

みんなバイナリーオプションをどんな手法で戦っているの?

FX歴は無駄に長いのですが、バイナリーオプションに関してはほとんど素人なので、トレード戦略をどうすればいいのかという問題は非常に悩ましいところです。FXでいうところの王道的なエントリーすれば勝てそうな気もしますが、取引時間とタイミングが合うとかどうかは非常に微妙です。

そこで今どんな手法が主流なのかを探ってみました。

fx-onやDLマーケットを覗いてみましたがシグナルツールばかりでどんな手法を使っているかはわかりませんでした。そこでネットの情報を集めてみると結構皆さんテクニカル分析を使っていろいろなことをやっているようですね。

ボリンジャーバンドの逆張りやADX、サポート&レジスタンス、MACD、移動平均線などなど、やっぱり結局はFXと同じような手法が有効なんでしょうね。

ボリンジャーバンドの逆張り手法を検討してみる

さてバイナリーオプションのトレード戦略としてボリンジャーバンドの逆張りを徹底的に突き詰めてみたいと思います。FXトレードのアイデアにもつながるかもしれないし、結構役に立ちそうな気がしています。

ボリンジャーバンドの逆張りといっても、上下のバンドにタッチしたからといって必ず戻ってくるわけではないんですよね。FXの場合は取引時間の制限がないので、戻ってくるまで待って決済してしまうということも出来るのですが、取引時間のリミットがあるバイナリーオプションの場合はバンドにタッチしたら指定した時間内にきちんと跳ね返ってきてもらわないと困ります。

そう考えるとバイナリーオプションでの逆張り手法って結構難しそうですね。

ところで通貨ペアってどうすればいいんですかね(笑)

とりあえずドル円で検討しておいて手法の目途がついてから、クロス通貨を片っ端から試していくことにしましょう。問題はドル円で目途がつくかどうかですけど(-_-;)

最低でも勝率56%のトレード手法をなんとか見つけ出さないと、やればやるほど損をすることになってしまいます。トバイナリーオプションはトレード時間が短く中毒性のある商品なので、トレード手法が確立するまでは出来るだけ近づきたくないですよね。デモをちょっといじっただけでこれってヤバいやつだって思いましたもんw

単純なボリンジャーバンドの逆張りでは勝率はどうなる?

ではさっそくバイナリーオプション攻略法第一弾「ボリンジャーバンド逆張り手法」を試していきたいと思います。

エントリーはシンプルに期間20の-2σにタッチしたらロングエントリー、+2σにタッチしたらショートエントリーという感じでいいですよね。イグジットは考えなくてもいいから楽ですねw

取引時間は1時間、通貨ペアはドル円です。

まずはまったくフィルターを使わない単純にボリンジャーバンドの逆張りだけの場合はどうなるのかをテストしてみました。テスト期間は2017年1月1日から2017年10月31日の約10ヵ月間、5分足チャートを使っています。

  • 勝ちトレード (勝率 %):1117 (46.83%)
  • 負けトレード (負率 %):1268 (53.17%)
  • ショート (勝率 %):1211 (46.57%)
  • ロング (勝率 %):1174 (47.10%)

やはり単純なボリンジャーバンドの逆張りだとバイナリーオプションで勝つのは無理なようですね。トレンドが発生していてもどんどんエントリーしていっちゃうので、やはりなんらかのフィルターをかませる必要がありそうです。

とりあえずは有効そうなのは時間のフィルターですよね.

さっそく明日作ってみてテストしたいと思います。