100種類以上のインディケーターによるマルチロジックEA Sniper EURUSD

Hornet USDJPY | fx-on.com

MT4でEAを作成するときになくてはならないものがテクニカル分析(インディケーター)です。もちろん曜日や時間だけでエントリーするロジックやプライスアクションのみでエントリーするロジックなどの中にはインディケーターを全く使用しないEAもありますが、相当少ないと思います。

自分が過去に作った中でもインディケーターを使用しなかったのは、五十日(ゴトウビ)を狙ったものや、リピートイフダン的なEAくらいしか思いつきません。それくらいEAとインディケーターは切っても切れない関係にあると言えます。とは言うものの使用するインディケーター数は種類で言うと多くてもせいぜい5~6種類くらい、少ないものだと移動平均線のみの1種類なんてものもあります。

今回紹介する「無限!!Sniper EURUSD」(!MugenSniper_EURUSD) はなんと100以上のインディケータを使用したマルチロジックのEAで、内部ロジックはなんと数十以上あるということです。

Sniper EURUSDフォワードテスト

Sniper EURUSDフォワードテスト

ユーロドル1時間足専用の多重化マルチロジックを採用した高性能EA(エキスパートアドバイザー)で、スイングのタイミングで、出来るだけ手堅くスキャルピングするという「ミドルスキャル」的な発想のEAになっています。

ブローカーに嫌われがちな短時間でのエントリーを繰り返すスキャルピングEAではないのでブローカーに目をつけられる可能性も少なく運用を続けることが出来そうです。ミドルスキャルとは言うものの、成績はスプレッドの狭さに依存するのでブローカーによって成績はかなり違ってくる可能性があります。

デフォルトのセッティングでは両建てしますが、マジックナンバーを揃えることで両建てを回避することも可能です。もちろん本来の成績を求めるなら両建て運用が可能なブローカーで運用するのが一番いいとは思いますが。

ストップロスは最大で70pips、テイクプロフィットは55pipsですがSL,TPにかかる前に決済されることもあります。

スイングのようなタイミングで手堅くSCALする、言わばミドルスキャルです
無限!!「Sniper EURUSD」(ナンピンなし)
無限!!「Sniper EURUSD」(ナンピンなし) | fx-on.com

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク