ユーザインターフェース

Hornet USDJPY | fx-on.com

ユーザインターフェース

ターミナルインターフェースには以下の機能が含まれています。

◾標準ウィンドウヘッダー
プログラムヘッディングには現在使用中の口座番号、アプリケーション名、アクティブなチャートウィンドウ名、及びそのチャートの周期が表示されます。
◾メインメニュー
クライアントターミナル内で実行できる全てのコマンドと機能はメインメニューにまとめられています。その中には 「ファイル」、 「表示」、「挿入」、 「チャート」、 「ツール」、 「ウィンドウ」、「ヘルプ」があります。
詳しくは「メインメニュー」セクションをご覧下さい。
◾ツールバー
ターミナル内には4つのツールバーがあります。「標準」ツールバー、「チャート」ツールバー、 「オブジェクト」ツールバーと 「周期設定」ツールバーです。 ツールバーのコマンドや機能はメインメニューと重複するものもあります。しかし、ツールバーはカスタマイズが可能で、使用頻度の高い機能だけを集めることができます。
詳しくは 「ツールバー」セクションをご覧下さい。
◾気配値表示
このウィンドウでは通貨ペアのリストを表示します。このウィンドウのコマンドで取引ポジション及びチャートを制御することができます。
詳しくは 「気配値表示」セクションをご覧下さい。
◾データウィンドウ
このウィンドウは価格及び作動中のテクニカル分析やエキスパートアドバイザについての情報を表示します。データウィンドウでは種々の操作を行なうことができません。
詳しくは「データウィンドウ」セクションをご覧下さい。
◾ナビゲータ
口座申請、エキスパートアドバイザ、罫線分析ツール、スクリプトはナビゲータウィンドウにまとめられています。「ナビゲータ」ではこれらを素早く操作できます。 詳しくは 「ナビゲータ」セクションをご覧下さい。
◾ターミナル
ターミナルは取引ポジション、ニュース、口座履歴、アラーム、内部メール、及びプログラムとエキスパートアドバイザの操作履歴のための多機能ウィンドウです。また、「ターミナル」ウィンドウは種々の注文をオープン/変更し、取引ポジションを管理します。詳しくは「ターミナル」セクションをご覧下さい。
◾テスター
このウィンドウではエキスパートアドバイザをテストします。種々のレポートのテスト及び閲覧以外に、エキスパートアドバイザの最適化もこのウィンドウで行なうことができます。
詳しくは「テスター」セクションをご覧下さい。
◾チャート
チャートはデータ分析の基礎です。価格変動以外にも、ライン、テクニカル分析、カスタム分析、テキスト、幾何学的図形などの多種多様な分析用オブジェクトをチャート内に配置できます。
詳しくは「チャートの操作」セクションをご覧下さい。
◾ステータスバー
ターミナル内では、追加情報を表示するためにステータスバーが使用されます。ステータスバーにはサーバ接続の状態、アクティブな定型チャートとチャートグループの名前、コマンドプロンプト、価格データが表示されます。
◾ファーストナビゲーションツール
ターミナル内での作業の迅速化のため、ホットキー及びファーストナビゲーションバーが使用できます。これらのキーで様々なコマンド実行の素早い操作が可能になり、ファーストナビゲーションバーではチャートを時間経過と共に正確な位置に移動したり、周期設定や通貨ペアを変更できます。詳しくはファーストナビゲーションツールをご覧下さい。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク