無償アップグレード で Windows 10 をライセンス認証できない場合のチェック項目

せっかくWindows10にアップグレードしたのにライセンス認証が出来なかったらかなり悲しい思いをしてしまいますね(:_;)

Windows 10 をライセンス認証できなかったというメッセージが表示された場合には以下の項目をチェックしてみてください。

Windows 7 Service Pack 1 または Windows 8.1 Update から無償で Windows 10 にアップグレードした場合

Windows 10 で無償アップグレードを利用してアップグレードした時にライセンス認証されていない場合は、以下の項目を試してみてください。

[スタート] ボタン または[スタート] ボタンのアイコン を選択

[設定]→[更新とセキュリティ]→[ライセンス認証] と進み[ストアに移動]を選択

デ使用しているバイスに適用できる有効なライセンスがあるかどうかを確かめてください。

使用できるライセンスがない場合は、ストアから Windows を購入する必要があります。

注意:デバイスのハードウェアに変更が加えられていない場合にのみ適用されます。

Windows 10 にアップグレードしたが、以前のバージョンまたは適切なエディションの Windows がインストールされていなかった (エラー 0xC004F061)

インストールしたWindows 10 をライセンス認証しようとしたときにエラー 「0xC004F061 」が発生した場合は、以下のいずれかに該当します。

プロダクト キーを使って Windows 10 にアップグレードしたが、以前のバージョンの Windows が PC にインストールされていない状況。Windows10にアップデートするためには、Windows 8 または Windows 7 が既に PC にインストールされている必要があります。

ハードディスクのフォーマットや交換を行った場合には、プロダクト キーを使って Windows 10 にアップデートすることができなくなります。以前のバージョンの Windows をインストールしてから、Windows 10 を再インストールする必要があります。

修理の際に、別のバージョンの Windows またはプロダクト キーが使用された可能性

修理店または PC の組み立てや修理を行っている人に PC を預けたことがある場合は、修理のために別のバージョンの Windows がインストールされた可能性があります。 または、修理中に別のプロダクト キーが PC に適用され、そのキーが Microsoft ソフトウェア ライセンス条項で許可されている PC の台数を超えて使われたために、ブロックされた可能性もあります。

PC を修理または再構築する前に Windows をライセンス認証していた場合は、PC または Windows の元のコピーに付属しているプロダクト キーを再入力すると、問題が解決することがあります。 また、元のバージョンの Windows を再インストールすることもできます。

Windows のコピーが複数の PC にインストールされている可能性がある (エラー 0xC004C008)

Windows のコピーを 1 つ持っていて、それを複数の PC にインストールした場合は、ライセンス認証に失敗することがあります。これは、プロダクト キーが既に別の PC で使われているか、Microsoft ソフトウェア ライセンス条項で許可されている PC の台数を超えて使われているためです。

プロダクト キーが Microsoft ソフトウェア ライセンス条項で許可されている PC の台数を超えて使われている場合、それらの PC をライセンス認証するには、PC ごとに新しいプロダクト キーか Windows のコピーを購入する必要があります。

偽造ソフトウェア

Microsoft から発行およびライセンスされていない Windows の偽造コピーを所有している場合は、Microsoft で PC のハードウェア プロファイルと 25 文字のプロダクト キーを照合することができないため、ライセンス認証できません。

Microsoft Web サイトの How to Tell Web ページでは、お持ちの Windows が偽造品でないかどうかを確認できます。 偽造品の場合は、新しい Windows を購入する必要があります。

中古 PC

Windows が既にインストールされている中古 PC を購入した場合は、Microsoft ソフトウェア ライセンス条項で許可されている PC の台数を超えてプロダクト キーが使われている可能性があります。

購入した中古 PC の販売者に、元の Windows DVD とプロダクト キーを要求することが必要になる場合があります。 DVD とプロダクト キーを入手できない場合、またはそれらを試してもライセンス認証できない場合は、新しいキーか Windows のコピーを購入する必要があります。

ハードウェアの変更

ハードディスクやマザーボードの交換など、PC のハードウェアを大幅に変更すると、その PC で Windows がライセンス認証されていない状態になる場合があります。

新品のパソコンを使っていて修理やパーツの交換などをしていなければ問題なさそうですが、中古PCを購入したり、故障で修理に出していた経歴がある場合は上記項目をチェックしてみてください。

ライセンス認証できないとMT4でEAを動かせなくなってしまうので非常に困った事態になってしまいます。他のデバイスで持っているポジションをコントロールできる状況にしておくなどの対策は有効です。とにもかくにもアップグレードの前にきちんとチェックしておいたほうが良さそうですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする