チャート

Hornet USDJPY | fx-on.com

チャートメニュー

チャート及びチャート内に配置されるテクニカル分析の設定、操作に関するコマンドが「チャート」メニューにまとめられています。このメニュー内で使用可能なコマンドは以下の通りです。

◾ 表示中の罫線分析ツール : アクティブなチャートに配置されているテクニカル分析を編集するための画面を呼び出します。画面上には配置された全てのテクニカル分析(カスタム分析を含む)のリストが表示されます。1つのテクニカル分析を選択し、設定を変更したり、チャートから削除することができます。
コンテキストメニューの「表示中の罫線分析ツール」コマンドまたはCtrl+Iホットキーでも同じ操作が可能です。
◾ オブジェクト : 配置されたオブジェクトを表示、編集するサブメニューを呼び出します。このサブメニュー内で使用可能なコマンドは以下の通りです。

◾オブジェクトのリスト : 配置されたオブジェクトを表示、編集するサブメニューを呼び出します。オブジェクトにはライン、記号、図形、テキストが含まれます。選択したオブジェクトはウィンドウ内の「編集」ボタンで編集でき、「削除」ボタンで削除できます。また、「表示」ボタンはオブジェクトがチャートウィンドウの左端に位置するようにアクティブなチャートを移動します。
◾直近を削除 : 最後に配置されたオブジェクトをチャートから削除します。 Backspaceキーでも同じ操作が可能です。
◾選択した全てを削除 : 選択したオブジェクト全てをチャートから削除します。 Deleteキーでも同じ操作が可能です。
◾全ての矢印を削除 : 矢印全てをチャートから削除します。
◾全てを非選択にする : チャート内の全オブジェクトを選択不可能にします。
◾削除の取消 : 削除したオブジェクトをチャートに複元します。
Ctrl+Zホットキーでも同じ操作が可能です。

◾ バーチャート : チャートを一連のバーで表示します。
「チャート」ツールバーのBar ChartボタンまたはAlt+1ホットキーでも同じ操作が可能です。
◾ ロウソク足 : チャートを一連の「ロウソク足」で表示します。
「チャート」ツールバーのCandlesticksボタンまたはAlt+2ホットキーでも同じ操作が可能です。
◾ ラインチャート : チャートを通貨ペアの終値をつないた折れ線で表示します。
「チャート」ツールバーの Line Chart ボタンまたはAlt+3ホットキーでも同じ操作が可能です。
◾チャートを前面表示 : チャートを「前面表示」にします。この機能が有効のとき、全ての分析用オブジェクト(テクニカル分析や図形オブジェクト)は「チャートの裏面」に配置され、前面には表示されません。
◾ 周期設定 : チャートの周期を選択します。このコマンドを実行するとサブメニューが表示され、アクティブなチャートに適用される周期を設定することができます。
チャート周期は「周期設定」ツールバーでも変更可能です。

◾ 定型チャート : 定型チャートを設定、操作するためのサブメニューを呼び出します。このサブメニューから作業中のチャートを定型に配置することが可能です。また、作業中のチャートの新しい定型を保存したり、既存の定型を削除することも可能です。

注意 : デフォルトの定型チャートは削除できません。

定型チャートに関するより詳しい説明は「チャートグループと定型チャート」 セクションをご覧下さい。
定型を設定、操作するサブメニューは 「チャート」ツールバーのProfiles ボタンまたはチャートコンテキストメニューの「定型チャート」コマンドでも呼び出すことが可能です。
◾更新 : ヒストリーデータを更新します。ヒストリーに反映されていない全てのデータをダウンロードします。チャートコンテキストメニューの「更新」コマンドからも同じ操作が可能です。

注意 : 現存するデータの範囲外の履歴は追加されません。
◾グリッド : チャート画面のグリッドを表示または非表示にします。
チャートコンテキストメニュー の「グリッド」コマンドまたはCtrl+Gホットキーでも同じ操作が可能です。
◾出来高 : チャート画面の出来高を表示または非表示にします。
チャートコンテキストメニュー の「出来高」コマンドまたはCtrl+Lホットキーでも同じ操作が可能です。
◾自動スクロール : 新しいバーが生成された後、新しいバーの位置をチャートウィンドウの右端へ自動設定するかしないかの指定をします。自動設定に指定すると、最新のバーが常にチャート上に表示されます。「チャート」ツールバーの”Auto Scroll” functionボタンでも同じ操作が可能です。
◾チャートの右端移動 : チャートの最新のバーの位置をチャートのシフトラベルの位置に移動します。このコマンドを再度実行すると最新のバーはチャートウィンドウの右端に位置付けられます。チャートのシフトラベル(チャートウィンドウ上方のグレーの三角形)はマウスでチャートウィンドウの右端から10%~50%の範囲で水平方向に移動することができます。
「チャート」ツールバーの”Chart Shift” function ボタンでも同じ操作が可能です。
◾ズームイン : チャートをズームインします。
「+」キー、「チャート」ツールバーのZoom In ボタン、または水平軸の上を左クリックしながらカーソルを右に動かすことでも同じ操作が可能です。
◾ズームアウト : チャートをズームアウトします。
「-」キー、「チャート」ツールバーのZoom Out ボタン、または水平軸の上を左クリックしながらカーソルを左に動かすことでも同じ操作が可能です。
◾チャートのステップバイステップ : チャートをバー1つ分左に移動します。
F12キーでも同じ操作が可能です。
◾プロパティ : チャート全般に関するパラメータの設定をします。このコマンドを実行すると、 チャート設定ウィンドウが表示されます。
チャートコンテキストメニューの「プロパティ」またはF8キーでも同じ操作ができます。
注意 : 「チャート」メニューのほとんどのコマンドはツールバー及びチャートコンテキストメニューの同名のコマンドと重複します。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク