RSIを使った逆張りEA

Hornet USDJPY | fx-on.com

シンプルな両建てEAに移動平均線フィルターを追加」で作成したEAは移動平均線によるフィルターを実装したにも関わらずひどい出来栄えになってしまいました^^;

そこで両建てから少し離れて、今度は逆バリによる戦略を試してみたいと思います。逆張りといえば売られすぎている時に買い、売られすぎている時に買うという天邪鬼なトレードを想像してしまいます。どうやって売られすぎ、買われ過ぎを検知するかは悩ましいところですが、今回は普通にオシレーターを使用したいと思います。

オシレーターの中でもみんなが大好きなRSIを使ってみたいと思います。

オシレーター(oscillator)というのは「振動するもの」という意味を持っています。RSIは一定期間の「上昇の勢いと下落の勢いのどちらが強いのか」を見るための指標でMT4のカスタムインディケーターの中にも入っています。一般的にはRSIが30%以下になると売られすぎ、70%以上になると買われすぎと言われています。

今回はRSIが30%以下になったら買い、70%以上になったら売るという単純なエントリーをしてみます。買いポジションの場合はRSIが70%以上、売りポジションの場合はRSIが30%以下になったら決済をします。まさに相場の振動をうまく拾っていくイメージですね。

単純にユーロドルの1時間足でバックテストするとあんまり良くないのですけど、通貨ペアによってはもう少しましな結果になるのではないかと思います。いずれにしても教科書通りにエントリーしていたら大損することは確実です^^;
現実は厳しいですw

RSIの逆張りは単体で使うのではなくレンジ相場やトレンドのが発生している時の押しや戻りの判断に使うと効果を発揮するんでしょうね。

逆張りEA

逆張りEA

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク