ボラティリティをEAに利用する~MT4のATRでストップロス、体くプロフィット、トレイリングストップを自動設定

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ATRでトレイリングストップだけでなくSL,TPも自動設定してみる

前回の記事でトレイリングストップをATRで自動設定するEAをテストしてみましたが、疑似フォワードテストの結果は悲惨なものでした(T_T)

ボラティリティ(変動率)を無視してはいけなかったかも 前回の記事で気合を入れつつ作った試作品が疑似フォワードテストで燦燦たる結果だったので...

この原因として考えられるのはATR不足です。←ビタミン不足みたくいうなw

この際だから損切りもリカクもATRで自動設定してしまいましょう、ということで新たにお遊びEAを作成してみました。エントリーロジックは超適当ですw

前回のEAでトレイリングストップのパラメーターはATR_Periodが14、Factorは3あたりが良さげだったのでこのままいじらないでおきます。StopLossはトレイリングストップと同じ14と3のままにしておき、TakeProfitはFactorをストップロスの3倍の9にしておきます。

この状態でバックテストしてみましょう。

え?意外といい??

全てのパラメーターを最適化してみる

ATR君、けっこうやるじゃん!

気をよくしたところで各パラメータを最適化していきましょう。

と思ったら最適化の時間がなんと28時間ですと(@_@)

時間と電気代がもったいないので潔く諦めましょう‥なんか企画倒れになっちゃった感じですね(^^;)

気を取り直して当初の設定のまま2017年1月から疑似フォワードテストをしてお茶を濁しておきましょうw

いやー、微妙な結果(笑)

でも適当なエントリーでこれだけの負けで済んでいるのはATRさんのおかげかもしれません。もっともっと研究しないとだめですね。