MT5のAMA(Adaptive Moving Average)のクロスでエントリーするEA

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

以前作成したAMA(Adaptive Moving Average)を使用したシグナルインジケーターが使ってみたら意外と良かったので調子に乗ってAMAを使用したEAを作成してみました。

AMAは残念ながらMT4には搭載されておらず、MT5用のEAになってしまうのですが、AMAクロスインジケーターのパラメーターの参考程度にはなるかもしれませんね。

AMA(Adaptive Moving Average)は適応型移動平均のことです。AMAの売りは、ノイズの影響を受けにくい移動平均線をチャート上に表示することが出来るという点で非常に戦闘力の高いテクニカル分析の一つなのではないかと思っています。

AMAはPerry Kaufmanによって考案されたもので著書「Smarter Trading(賢いトレーディング)」においてその内容が記述されています。使っていて感じるのは騙しに対して強いという点でこれだけでも使用する価値があるのではないかと思います。

バイナリーオプションでMT5を使用してトレードしている人の中にはAMAクロスのシグナルを使用している人もいるかもしれないですね。

今回作成したEAは2本のAMAを使用しそのクロスでエントリーするというシンプルなものです。これだけシンプルなトレード手法なのですが、AMAの基本的なポテンシャルがかなり高いためにいい結果が出るのではないかと期待に胸が高まります(^^)

AMA自体が騙しに強い移動平均線であると言えるので今回は特にフィルターを使用していません。単純に2本のAMAのクロスによるエントリーと損切り、リカクを組み合わせたロジックになります。

では作成したEAをMT5にインストールしてバックテストしてみましょう。MT5は時間足が豊富なのでいつのどれにしようか迷ってしまいますが、とりあえずはドル円の1時間足を使ってバックテストしてみました。

個人的には2時間足や8時間足といった時間枠が好きなのですが、あまり一般的ではないので(笑)

最適化が過ぎてしまった感はありますが、かなり綺麗な収益曲線を描いてくれています。国内でMT5でトレードできるブローカーがないのが非常に残念なのですが、今後に期待することにしましょう(T_T)

フォローする

関連記事