ドル円相場のボラテリティが上昇したらエントリーするEAをEAつくーるで作成してみた

外国為替市場で多きく稼ごうと思ったら相場の動きが活発な時を狙うのが一番です。スキャルピングでコツコツ稼ぐのもいいですが、長い目で見ると相場の大きな流れを掴んでトレードする手法が生き残る確率が高いような気がします。

相場の大きな動きを捉えるという手法で有名なのがブレイクアウト手法で長い歴史があります。古い手法でありながらいまだに有効であるということを考慮すると相場の大きな流れを捉えようとする試みは今後も機能するのではないかと期待できます。

相場の変動率を表すATRはスキャルピングのフィルターとしてよく使われていますが、今回はフィルターとしてではなくエントリーロジックとして活用してみたいと思います。

相場の動きが活発になればなるほどATRの数値は上昇していきます。そこでATRがある数値をブレイクしたらエントリーするという非常にシンプルなロジックでEAを作成してみました。

しかし、ATRでは変動率はわかるものの相場の方向に関してはまったくわからないので、移動平均線を使って売りか買いかを判断します。移動平均線をトレンドフィルターに使いATRをエントリーのトリガーとして使用するという作戦ですね。

対象とする通貨ペアはドル円です。ドル円はあまり動かないことが多いのですが、動くときは結構動くのでその瞬間を狙っていければ儲かりそうです(笑)

ATRの使い方はいろいろあると思いますが、エントリーのシグナルとして使うことは珍しいと思います。それではちゃんと機能するのかEAつくーるでEAを作成して試してみました。

バックテストはドル円1時間足で外為ファイネストのMT4を使用しています。

相場のモメンタムを捉えるという点では悪くないロジックだと思います。どうせATRを使用するならストップロスやテイクプロフィットにもATRを使い可変化、さらにATRトレイリングストップも搭載するくらいのこだわりが欲しかったですね。もっと頑張れ俺^^;

とは言うもののロジック作成のひとつのアイデアとして考えるとそれほど悲惨なものではなさそうなので、エントリー方向の確認をもっときちんとやれば素晴らしいパフォーマンスのEAになる可能性もゼロではありません。

現状ではトレード回数が少なすぎるので、トレンド判定をもっときちんとするとともにエントリー判定を緩くするなどの調整が必要でしょう。マルチロジックEAの中の一つのロジックとして使用するのではトレード回数が少なくてもごませるのでしょうけど組み合わせるロジックとの相性を考えると簡単な作業ではなさそうです。

シェアする

フォローする

コメント

  1. ampan より:

    MT4のEAを自分でも作ってみたいと思い、こちらのサイトに出会いEAつくーる1ヶ月版を購入しました。

    こちらのサイトを色々と参考にさせていただいて、
    EAつくーるを使用して以下のような売買条件ができないかと試行錯誤してますが、
    うまく作れません。

    ウィリアムズ%RとRSIを使用したロジックですが、
    ウィリアムズ%Rで-○%を超えたら買いトレンドという形で、
    RSIの条件が揃うのを待ちます。
    その後、RSIが○%を超えたら買いエントリーします。
    ※売りは逆になります。

    ウィリアムズ%RとRSIが同時に売買条件が揃うのなら簡単ですが、
    ウィリアムズ%Rが売りトレンドの条件に該当するまでは、
    買いトレンドになるため、
    RSIの買いエントリーのタイミングでは、
    RSIの数値が戻っていて○%を超えていなかったりします。

    やはりEAつくーるだけでは作れないのでしょうか?

  2. ユーロファイター より:

    ampanさん、こんにちは。

    以下のような条件設定ではだめでしょうか?

    【買い】
    ウィリアムズ%R(1) > -○
    RSI(2) < 30 && RSI(1) > 30

    【売り】
    ウィリアムズ%R(1) < -△ RSI(2) > 70 && RSI(1) < 70

    • ampan より:

      ユーロファイターさん、こんにちは

      ご返信いただきありがとうございます。

      【買い】
      ウィリアムズ%R(1) > -○
      RSI(2) 30
      とした場合、ウィリアムズ%R(1) が -○ を”超えている場合のみ”、
      RSI(2) > 30 && RSI(1) 30 && RSI(1) RSIのエントリータイミング > -△

      分かりづらかったらすみません。
      よろしくお願い致します。

  3. ampan より:

    入力内容がおかしな状態になってしまったので、
    再投稿させていただきます。

    【買い】
    ウィリアムズ%R(1) > -○
    RSI(2) 30

    とした場合、ウィリアムズ%Rが-○を超えている場合のみ、
    買いエントリーする条件になりませんでしょうか?

    やりたいこととしては、
    ウィリアムズ%Rが -○を超えた後に-△を下回るまでは、
    継続して買いエントリー”待ち”という条件を作りたいです。

    RSIのエントリータイミング > -○ > -△ ←この条件だけなら作れますが、
    -○ > RSIのエントリータイミング > -△ ←-○を超えた後にこの状態でも買いエントリーする条件が分かりません。

    分かりづらかったらすみません。
    よろしくお願い致します。

  4. ユーロファイター より:

    ampanさん、こんにちは!

    EAつくーるではちょっと難しいかもしれませんね。

    強引にやるとしたら以下のような売買条件を延々と設定していけばいいのかもしれませんが、さかのぼるロウソク足の数を増やし過ぎると動作が重くなりそうです。

    WPR(5) > -〇 && WPR(4) > -△ && WPR(3) > -△ && WPR(2) > -△ && WPR(1) > -△

    または

    WPR(4) > -〇 && WPR(3) > -△ && WPR(2) > -△ && WPR(1) > -△

    または

    WPR(3) > -〇 && WPR(2) > -△ && WPR(1) > -△

    または

    WPR(2) > -〇 && WPR(1) > -△

  5. ampan より:

    ユーロファイターさん、こんにちは

    ご返信いただきありがとうございます。

    やはり強引に延々と設定するしかなさそうですね・・・
    ただ、120本前のローソク足とか普通にあるので、
    動作を考えると現実的ではなさそうです。

    もし、手書きでコードを書く場合、
    こういうロジックの参考になるEAとかご存知の方がいたら、
    教えていただきたいです。

  6. ユーロファイター より:

    ampan さん、こんにちは。

    すいません、他のEAのことはあまり詳しくないのです(^^;)

    以下のリンク先ではソースコードが公開されているEAが数多くあるので、もしかしたら参考になるものが見つかるかもしれません。

    https://www.mql5.com/ja/code

  7. ampan より:

    ユーロファイターさん、こんにちは

    ご返答いただきありがとうございます。
    MT4EAエディターというEA作成ツールだと、
    スイッチ機能という機能でやりたいことができそうな感じがするのですが、
    残念ながらEAつくーるにはありませんでした。

    いただいたサイトを参考に勉強してみます。
    色々と教えていただきありがとうございました。