Core Liquidity Markets のMT4でEAを使ったバイナリーオプションのフォワードテスト~5分足 2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

結果は順調の右肩上がり

Core Liquidity Markets のMT4で動かしているEAは今のところ順調に勝っているようです。

1分足は微妙だったので5分足の戦略に変更 Core Liquidity MarketsのMT4はバイナリーオプションの自動売買が出来るので...

勝率が75%とちょっと出来すぎな感じがしますが、意外とこの戦術がマッチしているのかもしれませんね。

1分足に比べるとトレード回数が激減しているのですが、より確実なところでエントリーしているのだと思えば納得できるトレード数です。

ついに我が家にも聖杯がやってきました\(^_^)/

実は昨日の相場は勝てる相場だった

ついに聖杯を見つけたわけなのですが、どうしてこんなに勝てたのかが気になって昨日のチャートをチェックしてみました。

ドル円5分足のチャートです。見事なまでのレンジ相場となっていました。逆張りEAでこの相場で勝てないわけないですよね(^^;)

というわけで聖杯ではありませんでした(T_T)

今日は金曜日なので動きが活発になるでしょうから、その中でどのようなパフォーマンスを見せてくれるか見守りたいと思います。

重要経済指標時には止めた方がいいかな

ここ数日間このEAの動きを見てきたわけですが、やはり一方向に大きく動いたときに連敗する傾向があります。これはオシレーター使った逆張りEAには避けられない問題なので諦めるしかないですよね。

このような状態でトレードしないようにトレンド発生を検知するフィルターを付けてはいるのですが、急に動き出した時はフィルターが間に合わないようです。もともとユルユルなフィルターだということもあるのですが、トレンド発生初期にやられまくってます。

最低限の防衛策として重要経済指標発表の前後はEAを動かさない方がいいかもしれませんね。

複数通貨ペアの組み合わせでドローダウンを軽減

トレンドが発生した時のドローダウンは上記の方法でかなり防げると思うのですが、それに加えてやっておきたいことがあります。

FXでもそうですが動きの異なる複数の通貨ペアを組み合わせることでドローダウンを軽減できるのではないかと考えています。そうはいってももともと動きの少ないペアを選定しているので効果的な組み合わせを見つけるのは難しいのですが、相関性の低い組み合わせを見つけるしかないですね。

日本人としてドル円は外せないのですが(笑)