MT5のTriple Exponential Moving Average(TEMA)を使ってトレンドを表示するインジケーター 

MT4には用意されていないインジケーターが使えるのもMT5の魅力

MT5の標準インジケーターにはMT4では用意されていないものが数多くあります。有料、無料問わずカスタムインジケーターを探せばMT4用のものもあるようですが、標準で用意されているほうが安心感がありますよね。チャート分析だけに利用するならやはり、MT5の方が使い勝手がいいのかな。

ケチケチせずにMT4でも用意してくれればいいのですが、大人の事情というやつでしょうか。MT5には力を入れているけどMT4にはそれほど力を入れていないように感じる今の状況では望んではいけないということでしょうね。

騙しの回避が期待できるTriple Exponential Moving Average(TEMA)

このTriple Exponential Moving Averageというのは日本語で言うと3重指数移動平均というらしく、その計算方法はDouble Exponential Moving Average(2重指数移動平均)、いわゆるDEMAのものと類似しています。

TEMAの計算を計算する際にDEMAを用いると聞けばこの2つのテクニカル指標の類似性が想像できるのではないかと思います。

移動平均線を2重、3重に計算することで何をしたいのかといえば、相場の不規則な動きに惑わされることなく、出来るだけ正確にトレンドを把握したいということなのでしょう。DEMAでもTEMAでも狙いは同じですが、TEMAではさらにDEMAを使って計算するというわけです。

その結果チャートに表示させてみるとかなり、ノイズの影響が減っているように見えますが、実際にはどうなんでしょうね。

Triple Exponential Moving Average(TEMA)を使ったトレンド系インジケーター

今回はこのTEMAを利用して、トレンド判定用のインジケーターを作成してみました。

パラメータの「Level」には1か2を入力しておいてください。1の方がより厳しくトレンド判定をするようになります。

このインジケーター単体ではエントリーのタイミングが掴みづらいと思うので逆張り系のシグナルインジケーターを組み合わせるといいかもしれませんね。

TEMAインジケーター

フォーラムでダウンロードできます↓

TEMAを使ったMT5用フリーインジケーター Trend Arrow

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする