MT5の ADX Wilder (ADXワイルダー)を使ったEA

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

MT4のトレンド系のインジケーターの中にトレンドの方向とトレンドの強さを数値化出来る多機能なインジケーターがあります。もちろん移動平均線もちょっと工夫すればトレンドの強さを知ることが出来るのですが、一目瞭然というわけにはいきません。

しかしこのインジケータをー使えばトレンドの方向と強さがまさに一目見ただけでわかるのですから笑いが止まりません。

そのインジケーターというのがADX(AverageDirectionalMovementIndex)で、3本のラインがサブウィンドウに描画される高機能な構成となっています。

白いラインがトレンドの強さを示しています。白いライン(ADX)が上にあるほどトレンドが強いということになります。一方、赤(-DI)と青(+DI)の2本のラインの位置関係によりトレンドの方向を知ることが出来ます。赤いラインが青いラインよりも上にある時は下降トレンド、青いラインが赤いラインよりも上にある時が上昇トレンドというわけですね。

このようにADXによりトレンドの方向とトレンドの強さを簡単に把握できるようになったのですが、ADXにも弱点がありました。

上の画像を見てもわかるようにトレンドの方向を決定する青と赤の2本のラインが頻繁に交差するため騙しが非常に多かったのです。ADXの期間を大きくすることにより騙しを減らすことも出来るのですが、そうすると反応が遅くなりトレンドに乗り遅れてしまう恐れもあります。

便利なインジケーターなのですが使いこなすのにはちょっとしたコツが必要だったのです。

2011年に登場したMT5ではMT4に搭載されているADXだけでなく、ワイルダーさんの名前が冠されたADX Wilderというインジケーターが追加されていました。ADX Wilderをチャートに表示すると以下のようになります。

どうでしょう。先ほどのMT4に表示したADXに比べると騙しが少なくなったように見えませんか?

今回はこの騙しの少ないADX Wilderを使ってトレンド系のEAを作成してみました。

ストップロス100pips、テイクプロフィット300pips、ADXWの期間14の接手でバックテストするとこんな感じです。

パラメータを弄って最適化するといいカーブを描いてくれますが、過剰に最適化するのはお勧めしません(笑)

今回はドル円の1時間足でテストしていますが、トレンド系のインジケーターなので、一方向に大きく動く傾向の通貨ペアでテストした方が面白いと思います。

最適化前のEAを置いておきますので、いろんな通貨で遊んでみてください。

フォローする

関連記事